名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS バナナ酢の健康効果

<<   作成日時 : 2017/01/15 18:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

バナナ酢は、ずいぶん下火になってしまいましたが一頃ブームになった「飲む酢」の延長線上の健康飲料ということになります。
もともと酢は健康にいいことは分かっていますが、それだけじゃあ物足りない人が色々掛け合わせた中の一つということです。
酢に漬けるものは何でも成分が酢に抽出されますから、漬ける物はなんでも自分が気に入ったものでいいわけです。りんご、ニンジン、タマネギ、ニンニクなどなど個人の好みで色々試されました。
その中でも最近ちょっとブームになっている(らしい)のがバナナ酢です。

作り方は簡単
材料 バナナ1本
酢  200mℓ(安い穀物酢で十分)
氷砂糖もしくは黒砂糖 100g

バナナは2cmぐらいの厚さに輪切り
そこへ氷砂糖もしくは黒砂糖

酢を加える
これを電子レンジに入れて30秒〜40秒加熱
熱が冷めたら適当な瓶に入れて保管します。
酢には殺菌効果があるので常温保管も可ですが、暑い時期は冷蔵庫保管します。

電子レンジで加熱するのは熟成を早めるためです。
翌日から飲むことができます。

氷砂糖や黒砂糖を入れて甘くするのは、飲みやすくするためと酢による熱代謝の促進を補助するためです。


飲む量は1日に大匙1杯から3杯です。

健康効果としては
便秘改善
免疫力アップ
美肌
ダイエット
血圧降下
動脈硬化予防
むくみ解消
疲労回復
骨粗鬆症予防
脱毛抑制
味覚嗅覚の正常化
加齢臭抑制
などが言われています。

血圧降下作用に付いては酢の醸造メーカー・ミツカンの研究室の実験で確かめられています。
酢を飲み始めて2〜3週間で血圧が下がり始めます。飲み続ければ血圧が低下した状態を保つことができますが、飲むのを止めればまた2〜3週間でもとの状態に戻ってしまいます。
また、飲む量は大匙1杯で十分だそうです。それ以上飲んでも血圧降下作用は増加しなかったそうです。
よってバナナ酢でも血圧降下を目的で飲むのであれば1日大匙1杯で十分ということになります。

ただ、せっかくバナナを漬け込んであるのでバナナの効果も期待したいところです。
バナナにはカリウムが豊富に含まれています。
カリウムにはナトリウムの排泄を促進する作用があるので、高血圧の原因の一つとされる血中のナトリウムを減らしてくれます。カリウムはナトリウムが排泄されるとき一緒に排泄されてしまうので常時補給する必要があるのです。1日3回、食後に大匙1杯ずつ飲むのがお勧めです。

バナナ酢の効果で面白いのは加齢臭の抑制効果です。
この効果については本格的に研究したデータはないとおもわれますが、そう言う体験談がある報告されています。
これは酢によって新陳代謝が促進されて脂質の異常劣化が防げたと考えられます。
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
バナナ酢の健康効果 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる