名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 脳卒中による後遺症を改善する

<<   作成日時 : 2016/11/20 18:35   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

脳卒中は大別すれば、脳血管が詰まる、脳血管が破れるの2種類です。
いずれも脳細胞に損傷を与えますので死を免れても後遺症が残ります。

手足が動かないとか、何をどうすればどうなるとい日常的な行為判断ができなくなるのが問題です。
また脳卒中を契機に認知症に発展することもあるのも心配です。
本人も辛いが、周りの人も苦労するのです。

脳卒中を起こして一応病状が安定したらまずリハビリが必要です。
どの程度機能が回復するかは損傷を受けた脳の部位・範囲による運次第と、本人のリハビリをしようとする意欲次第となります。
画像




しかし脳にいい栄養を摂るといことも大切です。

損傷を受けた脳神経の再生や新しい回路の接続には3年はかかるといわれています。
気長な努力ですが、必要な栄養素を摂取することにより細胞の再生や新しい回路の接続が促進されることは大いに考えられます。

では、何が脳の細胞に役立つかというと、いいといわれる成分は多いので全部を摂取するということは不可能です。
本人が「効きそうだ」と思った成分を摂取するしかありません。
効くと思って飲めば効かない薬でも効くというブラセボ効果という現象もありますから。

例としては
● 神経伝達をスムーズにするもの
バコパモニエラ(インドの薬草)、DHA、ビタミンB1・B6・B12、葉酸(ビタミンBの仲間)

● 脳細胞を活性化するもの
GABA(健康茶でよくあります)、DHA(魚の脂)、アミノ酸類(タンパク質全般)、コエンザイムQ10

● ストレスに対応するもの
GABA、バコパモニエラ、DHA、アスタキサンチン、ビタミンB6、ビタミンA、ビタミンE

● 脳内の血流を改善するもの
バコパモニエラ、DHA,イチョウ葉エキス

● 記憶の改善にいいもの
トウゲシバ(民間薬草)、バコパモニエラ、イチョウ葉エキス

● 脳の疲労回復・栄養補給になるもの
オルニチン(シジミの成分)、バリン、ロイシン、イソロイシン、アルギニン、グルタミン酸、セリン

バコパモニエラとかトウゲシバという聞きなれない薬草も出てきますから、これらの成分を試してみたい人はサプリメントで摂るしかありません。

ビタミンB群はビール酵母(エビオス)から摂取できますから比較的安く摂取できます。

これらの成分は脳卒中の予防にもなるので、親が脳卒中で倒れたことがあるなど心配な人は今のうちから上記の何種類かを心がけて摂っておいたほうがいいでしょう。







バコパモニエラ濃縮250mg 90カプセルアーユルヴェーダの智恵から生まれたサプリ物忘れにはBacopa90カプセル
米国サプリ直販店【アーウェル】
バコパ濃縮250mg 90カプセル 商品名 Bacopa Monnieri Extract BaCo


楽天市場 by バコパモニエラ濃縮250mg 90カプセルアーユルヴェーダの智恵から生まれたサプリ物忘れにはBacopa90カプセル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳卒中による後遺症を改善する 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる