名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 花粉症対策・モーニングアタック回避の鼻うがい

<<   作成日時 : 2016/10/15 18:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

また秋の花粉症の季節がやって来ました。
空き地にセイタカアワダチソウが黄色い花を付けて咲き誇っているのを見るとゾッとする人もいるでしょう。

花粉症に効くという民間療法をいろいろ試してみても、目に見えて改善することがないのが花粉症のうっとおしいところです。
気長にいろいろ試行錯誤してみるよりありません。

本日は朝のモーニングアタック回避の記事となります。

モーニングアタックは朝一番にくしゃみ・鼻水が出る症状です。
交感神経が優位になり始めるからだとされていますが、ぼくはそればかりではないと思います。

モーニングアタックを回避するには朝、顔を洗うときに鼻うがいをすると止められます。
蛇口からの水を手で受けて鼻で吸い込み口の奥から出すだけです。
お湯が蛇口から出るのであれば、お湯でやると鼻がツーンとしません。
水だと鼻粘膜との温度の違いが刺激になって鼻がツーンとします。

この鼻うがいをやるとくしゃみは確実に出ません。鼻水は若干出ますがズルズルというほではなくなります。

朝、鼻うがいをするとくしゃみがでなくなるということは、寝ている間に鼻から吸い込んだ空気中にアレルゲンになる物質があったということです。
花粉のほかダニに死骸、フンなどでしょうか。
それが交感神経の立ち上がりでアレルゲンを感じ取りくしゃみでアレルゲンを排除しようとするからだと思われます。

花粉などを家の中に持ち込まないように、外から帰ったら服を払うようにとよく言われますが、それも大切ですが、外から帰ったら鼻うがいもしておきましょう。
外で吸い込んだセイタカアワダチソウなどのアレルゲンを早めに除去しておけば安心です。

外から帰ってきてからの鼻うがいはアレルゲンの除去の他に、風邪やインフルエンザの細菌・ウイルスの除去にもなり、風邪・流感の予防もかねます。


花粉症の人にとっては憎っくきセイタカアワダチソウですが
画像















ミツバチさんにとってはありがたい蜜の採集場所のようです
画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
花粉症対策・モーニングアタック回避の鼻うがい 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる