名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 脳の老化防止に沖縄風スパゲティ

<<   作成日時 : 2016/10/23 20:39   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

68歳になって感じることは、肉体的な衰えはさほど感じないが脳の老化は予想外に早いということです。
隣の部屋へ何かを取りに行って、その部屋に入ったとたん「何を取りに来たか」忘れてしまうってことは誰でもあります。
それがたまにであれば若くて起こりえますが、頻繁に起こるようになります。本当に頻繁になのです。

人間の脳って不思議です。最初の行動目的である部屋に行くことだけは覚えていて、それから何をするかは忘れてしまうのです。どうなっているのでしょう。

ところで先日テレビで「ケンミンショー」という地方の独特な料理を面白おかしく紹介する番組を見ていたら沖縄の超簡単料理を紹介していました。
沖縄そばの生麺をビニール袋に入れ、そこにツナ缶の中身を放り込み、手でこねこねと麺に混ぜ合わせる、それだけの料理です。料理といえるかどうかさえ疑問の食べ物です。

お昼の軽い食事からビールのツマミにもぴったりということで沖縄県民は「うまかー」といって食べていました。

なるほどコレはいけます。
脳の老化防止食に応用できそうです。
なにしろ「頭がよくなる」DHAとEPAがたっぷり入っています。


画像






本土では沖縄そばはないのでスパゲティを作るときに応用します。

まずスパゲティを茹でるときに一緒にカットワカメも入れておいて具の一品とします。
茹で上がったスパゲティにツナ缶の中身を絡めればほぼ出来上がりです。
別に作っておいた薄焼き卵を上に乗っける、あるいは細く切って上に乗っけて出来上がりです。

なぜワカメを入れるかですが、ワカメには脳の神経伝達物質の生成にかかわるビタミンB1、ビタミンB12などのビタミンB群や亜鉛が豊富だからです。

トッピングに卵を使うの脳の老化防止に効果的なレシチンとコリンを含んでいるからです。

レシチンは脳やそのほかの全身の細胞膜の主成分になっているのです。
また脂質の代謝を促進して動脈硬化や脳梗塞の予防にもなります。

コリンはビタミンの一種で、レシチンの材料になり、かつ神経伝達物質アセチルコリンの材料になっています。ゆえに集中力や記憶力を高めるのには欠かせない栄養素なのです。


この沖縄風スパゲティをお昼に食べたら、15分から20分昼寝、あとは季節がよければウオーキングに出かけ軽い運動、あるいは指先を使う楽器演奏、手芸、絵画などを楽しめば脳活になりそうです。










味の素 毎日栄養オイル DHA&EPA 250g/J-オイルミルズ
MEGA STAR
製造元(輸入元):J-オイルミルズブランド:味の素カテゴリ:健康食品>サプリメント>健康


楽天市場 by 味の素 毎日栄養オイル DHA&EPA 250g/J-オイルミルズ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳の老化防止に沖縄風スパゲティ 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる