名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS コラーゲンがなぜお肌プルプルするのか

<<   作成日時 : 2016/03/22 18:59   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コラーゲンはタンパク質の一種なのですが、なぜ他のタンパク質ではだめで、コラーゲンだけがお肌プルプルにするのでしょうか。
それはコラーゲンが消化吸収されるときにできるペプチドのうちプロリルヒドロキシプロリン(Pro−Hyp)によるとされています。(現在ではまだ推測段階)


コラーゲンは腸で分解され、その大半がペプチド(アミノ酸が2ないし3結合した状態)で体内に吸収され血中を流れます。
このことはコラーゲン(コラーゲンペプチド)を食べる、あるいは飲むと血中にプロリルヒドロキシプロリン(Pro−Hyp)を初めコラーゲン由来のペプチドが大量に血中に出現することで確認できます。


プロリルヒドロキシプロリン(Pro−Hyp)が繊維芽細胞を刺激しその増殖を促進する、という研究成果が京都府立大学の佐藤健司教授のグループによってなされています。


コラーゲンは体のタンパク質の30%を占める重要なタンパク質です。
正常な状態でもコラーゲンは少しずつ分解し再生される新陳代謝が行われていますが、損傷するとプロリルヒドロキシプロリン(Pro−Hyp)が大量に発生し速やかに回復しようとします。
つまりプロリルヒドロキシプロリン(Pro−Hyp)が血中に大量に流がれてくるということはコラーゲンが損傷していることを表していることになります。

そこで繊維芽細胞は古いコラーゲンを分解して新しいコラーゲンを作ろうとします。
これがコラーゲン(コラーゲンペプチド)を摂取すると新しいコラーゲン組織を作る仕組み、ではないかとされています。

なお新しいコラーゲンを作るにはビタミンCと鉄分を必要としますから、同時期にビタミンCや鉄分を含む食品を摂取すると、さらに効果的に新しいコラーゲンを形成できます。

このようにコラーゲン(コラーゲンペプチド)が繊維芽細胞に刺激を与えた結果として、皮膚状態の改善(お肌プルプル)、骨量の増加、傷の修復促進などの効果が現れてきます。

コラーゲンが作り出すペプチドには他の作用があるペプチドも報告されています。
血圧を下げるペプチド
血小板凝集を抑制するペプチド
抗酸化作用があるペプチド

などがあります。

コラーゲン(コラーゲンペプチド)の本格的研究は始まったばかりで、これからまだまだ他の研究報告が出てきそうです。




華舞の食べるコラーゲン(120g)【華舞の食べるコラーゲン】[コラーゲン サプリ サプリメント 粉末 激安]
爽快ドラッグ
お店TOP>健康食品・サプリメント>ビューティーサプリメント>コラーゲン サプリメント>華舞の食べる


楽天市場 by 華舞の食べるコラーゲン(120g)【華舞の食べるコラーゲン】[コラーゲン サプリ サプリメント 粉末 激安] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コラーゲンがなぜお肌プルプルするのか 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる