名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 認知症予防になるサプリメント

<<   作成日時 : 2015/09/13 08:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

認知症の予防になるサプリメントは「茶カテキン」、ウコンに含まれる「クルクミン」、米ぬかに含まれる「フェラル酸」です。


緑茶を飲んでいる人にはアルツハイマー病が少ないのです。

アルツハイマー病は認知症の60〜70%を占めていますからアルツハイマー病さえ予防しておけば認知症になるリスクはほとんど回避できるといっていいでしょう。
アルツハイマー病以外の認知症で多いのが脳血管性の認知症です。
こちらは脳血管が切れたり詰まったりして発症する認知症ですからほとんどが動脈硬化が原因しているのでアルツハイマーとは別の予防法と考えていいです。


佐賀女子短大の長谷川亨名誉教授が緑茶をよく飲む人の血液を調べたところ、ホモシステイン酸という神経毒性物質の濃度が低いことが分かりました。

酸が付いていないホモシステインは、心筋梗塞や動脈硬化の危険因子とされ、「悪玉アミノ酸」と呼ばれています。このホモシステインが活性酸素によってより毒性の強いホモシステイン酸になります。

ホモシステイン酸は腎臓から排泄されますが、歳をとると排泄がわるくなり血中濃度があがります。


長谷川教授が6人の被験者に食事にお茶の葉を加えて摂取してもらいました。
1ヵ月後の血中ホモシステイン酸の濃度を測ると濃度が下がり、認知機能も明らかに改善していました。


ウコンに含まれる「クルクミン」の認知症予防効果は琉球大学の研究等によって確認されています。


米ぬかに含まれる「フェラル酸」はポリフェノールの一種です。

国立病院機構菊池病院の木村武実臨床研究部長は、
フェラル酸と食用ハーブ・ガーデンアンゼリカの抽出物によるサプリメント「フェルガード」に
妄想、幻覚、易刺激性、行動異常などの興奮性症状を抑える効果がある

と報告しています。

これらの認知症の周辺症状といわれる異常行動は、認知症の人を介護する家族の大きな負担となっています。
この米ぬかサプリは介護者の大きな助けとなるでしょう。









サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症予防になるサプリメント 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる