名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS コルチゾールがアレルギーを悪化させる

<<   作成日時 : 2015/08/30 19:54   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

コルチゾールは抗ストレスホルモンといわれ肉体的あるいは精神的ストレスを受けたときに分泌されるホルモンです。
また血糖値が下がりすぎたとき血糖値を上げるためにも分泌されます。

つまり精神を高揚させる必要がある場合に分泌されるホルモンです。

コルチゾールはストレスに対抗してくれたり、ブドウ糖不足で元気がでないとき元気付けてくるれるのはありがたいのですが副作用もあります。
炎症を促進する作用があるのです。

アレルギーの症状は炎症です。
鼻の粘膜に炎症が出れば鼻水が出るようになります。目の粘膜に炎症が出れば目がごろごろ痛くなります。喉の粘膜に炎症が出れば喘息です。皮膚に炎症が出ればアトピー性皮膚炎です。

ですから花粉症などのアレルギーのある人はコルチゾールの分泌を抑制するような生活習慣をとったほうがいいのです。


日常的にコルチゾールが分泌される機会が多いのは食事のときです。
主食であるお米、パン、麺類は炭水化物ですから食べると即座に血糖値が上がります。そして往々にして血糖値は急激に上がりすぎてしまいます。
上がりすぎた血糖値はインシュリンの大量分泌を促し、血糖値は急激に下がります。
しかし今度は血糖値が下がりすぎたので血糖値を上げるべくコルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリン等が分泌されます。

このように主食のお米、パン、麺類などの炭水化物を摂取することになり血糖値は大きく上下に振り動かされます。そのためコルチゾールが何度も分泌され、身体のどこかの部位に炎症を促進させています。

ですから花粉症などのアレルギーのある人はできるかぎり炭水化物の摂取を最低限にしたほうがいいのです。



逆に炎症を抑制する栄養素もあります。
EPAです。

EPAは血液サラサラ効果があることで有名ですが、炎症を抑制する作用もあります。
血清中のEPA濃度の高いイヌイットは近隣のデンマーク人に比べ気管支ぜんそくなど炎症系の疾患がとても少ないことが知られています。







小林製薬 EPA 150粒
西新オレンジストア
【ご注文について】お客様のご都合による商品のキャンセル・交換・返品は一切お受けしておりません。ご注文


楽天市場 by 小林製薬 EPA 150粒 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
コルチゾールがアレルギーを悪化させる 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる