名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS コレステロール値を下げる食べ物

<<   作成日時 : 2015/05/22 17:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

HDL(善玉コレステロール)値を上げるのには運動が一番です。
まず第一には運動なのですが、LDL(悪玉コレステロール)値を下げることも重要です。

そこで食べ物でLDL(悪玉コレステロール)を下げるものを列挙してみました。

食物繊維
食物繊維は腸内で胆汁を吸着して排泄してしまいます。
脂肪分を消化する胆汁は消化の役割が終わると腸壁から再び吸収されて再利用されます。それが食物繊維に吸着されて排泄されてしまうので肝臓で再生産しなければならなくなります。胆汁の原料はLDLコレステロールですから肝臓は血液中のLDLコレステロールを集めて胆汁を作ります。結果、血液中のLDLコレステロールが少なくなります。

食物繊維のなかでも水溶性食物繊維が効果が高いです
野菜や海藻を多く食べましょう。


適量のアルコール
酒飲みの人は禁酒するだけで中性脂肪が大きく下がります。
中性脂肪とHDLはシーソーの関係にありますから、HDLコレステロールが多くなります。
また、ふだんお酒を飲んでいない人は少々アルコールを飲むとHDL値が上がります。
適量というのはせいぜいワインならグラス2杯までです。

なおグラス2杯というのはお酒が飲める人の適量です。飲めない人はもっと少量でいいです。
お酒としてワインを例に挙げたのは、どうせクスリとして飲むのなら、紫色のポリフェノールがいっぱいであり、(実験室では)細胞の寿命を延ばすとするレスべラロトールが含まれていて、122歳まで生きたフランスのカルマンさんが愛飲していた赤ワインを飲んほうがいいでしょう、ということです。

適量を越せば逆にLDLを増やすことになります。

画像






大豆および大豆製品
大豆にはコレステロール・コントロールに有益な成分が多く含まれています。

イソフラボン
ポリフェノールの一種で女性ホルモンに似た働きをします。食品の中では大豆にしか含まれていません。
抗酸化作用があり、かつLDLを減らしHDLを増やす働きがあります。

レシチン
HDLを増やし、LDLおよび中性脂肪を減らす作用があります。

サポニン
コレステロール値を下げる、LDLが酸化するのを防ぐ、免疫力をアップさせる作用があります。

オリゴ糖
腸内菌の栄養になり腸の作用を整える。

画像






乳酸菌
ガゼリ菌SP株、ビフィズス菌SP株にコレステロールを下げる効果があります。
スーパーで売っている商品としては雪印の「恵」ヨーグルトです。脂肪分0タイプのものでもOKです。

画像










サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
週に二回のヨガをして、食事は繊維質の多い物を食べて居ます。だからコレステロール値も低いのかな?少々太り気味なのですが〜(笑)
そうそう、沖縄旅行に一人で行ってきました。三回目ですから、主に地元の方と語る旅でした。
ハイジママ
2015/05/25 07:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
コレステロール値を下げる食べ物 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる