名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ABI検査(足首上腕血圧比)

<<   作成日時 : 2014/07/06 18:50   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

血管の狭窄度を調べる検査です

上腕と足首の血圧を測定し、その比率を計算します。

ABI値=足首の収縮期血圧(上の血圧)/ 上腕の収縮期血圧(上の血圧)

血管が狭窄や閉塞していない場合は、足首(分子の部分)の方が血圧が高くなります。
ところが、血管が狭窄していたり閉塞していると血流が悪くなっているため足首側の血圧が低くなってきます。
分子側の数値が低くなるのでABI値は低くなります。

ABI値の正常範囲は
0.91〜1.40
です。


0.9より低い場合は、足の動脈が詰っています。
症状のあるなしに関わらず「下肢閉塞性動脈硬化症」の可能性が高いです。

(検査の仕方)
ベットで仰向けに寝て、両腕と両足首に血圧測定用のカフ、心電図の電極、心音マイクを付けて測定します。
所要時間約5分。

通常は動脈硬化の進行度を測定するPWV検査を同時に行います。

費用はABI検査とPWV検査と合わせて、2000円〜3000円程度です。

サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ABI検査(足首上腕血圧比) 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる