名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 沖縄の長寿食

<<   作成日時 : 2014/04/06 20:11   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




言うまでもなく沖縄は長寿県です。なぜ長寿県なのかはいろいろ理由があげられていますが、その中の一つに毎日の食事に理由があることは誰もが認めるているところです。

沖縄の人たちが食べる料理は世界遺産に登録されるような高尚な料理ではありません。
いわばありあわせのものをチャンプルー(混ぜ合わせて)炒めたり煮たりする料理です。

ちなみに沖縄ではあまり焼いた料理、つまり焼魚は食べないです。
炒める、煮る、揚げるというのが基本料理パターンになります。

本土のわれわれでも簡単に真似できるので時々は試してみるといいです。
以下にチャンプルー料理の代表格、ゴーヤーチャンプルーの作り方を紹介します。
画像




1.ゴーヤーを縦半分に切り、中のわたと種をスプーンでかきとる。
2.薄切りにして塩を少量振り、しんなりしたら水気を絞る。
水気が多いと仕上がりが水っぽくなるので。
3. フライパンに油大匙1杯を入れて熱する。
4. 島豆腐を手でちぎって入れる。
5. 周りにしっかり焼きいろがつくまで炒める。
6. ゴーヤーと合わせたときに豆腐が崩れないように別皿に移す。
7. 再びフライパンに油を大匙2分の1杯入れて熱する。
8. ゴーヤーを入れて炒める。
9. 卵をといて流し入れる。
10. 塩で味を調える。
11.別皿に取っておいた豆腐をもどして炒め合わせる。
11. はい、出来上がり。

簡単に言えば、ゴーヤーと豆腐を合わせて炒めれば出来上がりです。

また材料を炒め合わせるときに豚肉の煮汁をカップ2分の1ほど加えて炒め合わせれば、イリチー(炒め煮)という料理名に変わります。

沖縄料理で使われる豆腐は島豆腐という固い豆腐です。本土の木綿豆腐よりもっともっと固いです。
スーパーへ行くと出来たての、まだ温かい島豆腐が売られています。
本土のスーパーでいえば焼き立てパンと同じ感覚で、品切れになる頃には豆腐製造業者が納品するようです。

この島豆腐、固いばかりでなく大きいです。本土のパック豆腐の3倍から4倍はあります。
持つと、ずっしり重くて生暖かいのが沖縄の島豆腐です。

沖縄の人はタンパク質の供給源は豚肉だけでなく、島豆腐による大豆タンパクも大いに利用しているのです。












【特価】緑のカーテン ゴーヤ栽培セット【あす楽対応_関東】
BLUE POST
ゴーヤ栽培セット陶器製のシーサープランターでゴーヤを育てる栽培セットです。ゴーヤは成長するとするにつ


楽天市場 by 【特価】緑のカーテン ゴーヤ栽培セット【あす楽対応_関東】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
沖縄の長寿食 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる