名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 血栓を溶かす食べ物

<<   作成日時 : 2014/03/24 17:47   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

血栓は心筋梗塞や脳梗塞を起す原因となるので最も怖い物質です。
とくに午前中は血液を凝固させる血小板の働きが活発になるので心筋梗塞や脳梗塞を起しやすい時間帯だと言われています。

では常日頃から血栓が出来ないようにする食べ物や行動は何かと言うことになります。

まず一番に上げられるのがショウガです。
ショウガの辛味成分ジンゲロンやジンゲロールには血栓を溶かす作用があります。
朝一番にコップい杯の水を飲む習慣のある人は水の代わりに、体を温める作用もあり血栓予防にもなるのでショウガの絞り汁を入れたお湯をコップ1杯飲むほうが健康にいいです。
またショウガには免疫力を増強する働きもありますから一挙両得です。

画像








朝食は和食だと言う人には納豆がいいです。
納豆にはナットウキナーゼという血栓を溶かす物質が含まれています。

そのほかには、ニラ、ニンニク、ネギ、タマネギ、ラッキョウという野菜がいいです。これらのアリウム属の野菜には血管を拡張させる働きがあります。

いずれの食材も和食に合いそうなものばかりですから、自分はパンとコーヒーまたは牛乳だと言う人は、飲み物をショウガの絞り汁入り紅茶に切り替えてみてはどうでしょうか。ショウガと紅茶は相性がいいです。

あるいはタマネギのサラダをたまには取り入れてみるという手もあります。

朝から魚料理というわけにも行かないでしょうが、魚の脂に含まれるEPAやDHAには血栓を溶かし、血管を拡張させる働きがあります。
イカ、タコ、カイ、牡蠣、明太子などには、血栓を溶かし血管を拡張させるタウリンというアミノ酸が含まれています。
しかし、こんな豪華な朝食を食べている人は千人に一人ぐらいですから、昼食または夕食に食べてください。


アルコールの好きな人は幸せです。
アルコールには血管の内皮細胞からウロキナーゼという血栓を溶かす物質の分泌を促す作用があります。
ウロキナーゼを分泌させる能力が強い順でいけば、焼酎、赤ワイン、日本酒、ビール、ウイスキーの順です。

晩酌の後はお風呂ということになりますが、お風呂にも血栓を溶かす物質を分泌させる作用があります。プラスミンという物質が分泌されて血栓が溶けやすくなります。


心筋梗塞を防ぐ意味ではやはり運動がいいです。
日頃から運動や仕事で体を動かす人は、心臓の冠動脈にたくさんバイパスができることが分かっています。
血栓で冠動脈が一箇所が詰っても予備回路があるので、一命は取り留めることができるわけです。













『黒糖しょうがパウダー(純国産)』200g10P11Jan14【RCP】_10P01Feb14
Funtab 楽天市場店
&nbsp;商品名 黒糖しょうがパウダー(純国産)  内容量 &nbsp;200g


楽天市場 by 『黒糖しょうがパウダー(純国産)』200g10P11Jan14【RCP】_10P01Feb14 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
血栓を溶かす食べ物 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる