名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 認知症の原因

<<   作成日時 : 2014/03/11 19:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

認知症の原因と考えられている事項はいくつかありますが、ほぼ確定的な事項から賛否両論ある不確定な事項まであります。

認知症の原因として考えられるもの
・ 加齢
・ 遺伝
・ 頭部外傷・脳血管障害
・ 低い教育水準
・ 喫煙
・ アルミニウム過剰摂取
・ 偏食
・ 長すぎる昼寝
・ 運動不足
・ 脳への刺激不足
です。

アルミニウムの過剰摂取はアルツハイマー型認知症の患者の脳に多量のアルミニウムが蓄積されていたことがあったことから言われるようになりましたが、認知症とは関係がないとする意見もあり、不確定な事項です。


アルツハイマー型認知症患者の脳の表面にはアミロイドβ蛋白質の塊が老人斑となってこびりついています。

脳細胞内には
アミロイド前躯体蛋白質があり、セレクターゼという分解酵素によってアミロイドβ蛋白質になります。
健康な脳細胞では、アミロイドβ蛋白質は脳細胞内でネプリライシンという分解酵素で分解除去されます。

分解除去されなかったアミロイドβ蛋白質は脳細胞の外に分泌され、細部の外で銅や亜鉛イオンによって凝集して脳細胞の表面に貼りつきます。
これがアルツハイマー病患者の脳細胞にできる老人斑です。

ですから将来は銅や亜鉛イオンを除去する薬とか、アミロイドβ蛋白質を除去する薬が開発されるでしょう。
アルツハイマー病の将来は明るいのです。

でも今でも薬を使わずにアルツハイマー病の予防はできます
DHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)には脳の細い血管の流れをよくしたり、脳神経細胞の膜を保護したりするほかに、アミロイドβ蛋白質の凝集を止めて老人斑を作ることを予防する働きがあります。

青魚を食べたり、あるいはDHA・EPAのサプリメントの補給はアルツハイマー病の予防にもなるのです。
画像







認知症の原因と目されている事項のうち、喫煙は「原因となる」という説と「関係はない」とする説があり確定的な事項ではありません。

遺伝については、若くして発症する認知症については関係があるが、高齢になってからの認知症にはほとんど関係しないとすることが確認されています。
ただ若い頃から知的発達障害があると認知症になりやすいことが知られています。

昼寝については、30分以内の昼寝をする人は、昼寝習慣のない人に比べ認知症になる確率が5分の1になります。
逆に60分以上昼寝する人は、認知症になる確率は2.6倍になります。

画像













【小林製薬】 背青魚のチカラ  7g(250mg×4粒×7袋)【特定保健用食品】【トクホ】fs3gm
エナジードラッグ
   ナチュラルケア ブレンド茶325g×24本 (1ケース) 大正製薬 リビタ 【特保】 はこちら


楽天市場 by 【小林製薬】 背青魚のチカラ  7g(250mg×4粒×7袋)【特定保健用食品】【トクホ】fs3gm の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
認知症の原因 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる