名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ヒトが老けるのは糖化による

<<   作成日時 : 2014/01/13 18:17   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

人は歳をとると老けて見えます。なぜが?
あたり前と思う人もいるでしょうが、なんでも当たり前で片付けてしまっては物事進歩がありません。

老化の原因は第一に「酸化」です。そしてもう一つあるのです。「糖化」です。

酸化は活性酸素によって細胞が傷つけられることです。
糖化は糖がタンパク質に結合してタンパク質を変質させることです。

画像





ローストチキンを思い出してください。鶏の皮がこんがり狐色になって美味しそうです。
でもよくよく考えると鶏の皮って生のときは白いですよ。どうして狐色になるのでしょう。
それは砂糖の入ったタレを付けて焼いたからです。

この砂糖を付けて焼くと茶色く色が変わる現象を発見者の名前にちなんで「メイラード反応」といいます。また茶色い物質を生み出す反応なので「褐変反応(かっぺんはんのう)」とも言われます。

この反応が起こる条件は、「糖」「タンパク質」「熱」が揃うことによって起こります。

メイラード反応はローストチキンだけでなく人間の体内でも起きます。
人間の体はタンパク質で出来ています。そしてエネルギー源であるブドウ糖は体中に供給されています。また熱も体温として36〜37℃あります。
メイラード反応の起きる条件が整っているのです。
人体で起きるメイラード反応は「糖化」と呼ばれています。


活性酸素によって起こる細胞の酸化作用を「体がさびる」といいますが、メイラード反応によって起こるタンパク質の糖化作用を「体がこげる」と言っています


体がこげるとどうなるのでしょう。例えば皮膚の場合、今までの弾力はなくなり硬くなってしまいます。

糖化の進行は 糖度×時間 によります。

ですから経過時間が長い、年齢を重ねるほど体の糖化が進みます。
そして糖尿病のように糖濃度が高い状態が長時間(長年月)続くと体の糖化は蓄積されていきます。皮膚などの外見だけなく内臓も各器官も糖化していくわけです。


そのため糖尿病の人の寿命は、男性で10年、女性で15年短いとされています。
また自立して過ごせる健康寿命は男性女性とも15年短いとされています。



では自分がどのくらい糖化が進んでいるか気になるところです。
正確には特殊な検査をしないと分かりませんが、およその目安をつけることは出来ます。

一つは健康診断の血液検査のデータです。
ヘモグロビンA1c(HbA1c)という値に注目してください。
この数値は赤血球の中のヘモグロビンの何%が糖化を受けたかという数値です。
これが継続して高いということはかなり体中の糖化が進んでいるということです。


もう一つは血圧の上下差です。
正常な血圧ですと上が120ぐらい、下が80ぐらいですから上下の差は40ぐらいです。
それが60、70となると血管がかなり糖化している思われます。

救済策は血糖値を下げることです。









賢者の食卓 ダブルサポート 6g×30包
はあどる
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。予め御了承下さい。区分 日本製  特定保健


楽天市場 by 賢者の食卓 ダブルサポート 6g×30包 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヒトが老けるのは糖化による 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる