名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 成長ホルモンを分泌させるには

<<   作成日時 : 2013/12/07 20:10   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

若返りホルモン・成長ホルモンは睡眠時に一番分泌されるので睡眠が一番大事です。
睡眠時に分泌される成長ホルモンは1日に分泌される量の90%以上ですから成長ホルモンを大切に思うのなら睡眠を大切にしなければいけません。


睡眠時以外で成長ホルモンが多く分泌されるのは、運動をしている時と食事をしているときです。

運動で成長ホルモンを多く分泌させようとするとかなりハードな運動をしないといけません。ジョギングを2時間ぐらいする程度のハードさです。疲労困憊でくたくたになるぐらい運動をしないと成長ホルモンはでません。

成長ホルモンは体の修復ホルモンでもありますから、体が疲労困憊して疲労物質・乳酸が蓄積してくると分泌されるのです。

最近は加圧トレーニングという方法も編み出されました。
体の一部に加圧して血流の循環を滞らせて乳酸濃度をわざと高めるトレーニング法です。血流を抑制するので専門のトレーナーの指導が必要ですからあまり一般的ではないです。


加圧トレーニングより簡単でトレーナーや専門のジムへ通う必要がない方法があります。
空腹時に運動をすることです。
空腹時に運動すると成長ホルモンの分泌が高まることは実験で確認されています。


睡眠・運動以外の方法で成長ホルモンの分泌を促す方法は食事です。

ボディビルダーの中には1日6回食事をする人がいます。成長ホルモンの分泌を促して筋肉の合成を促進するためです。
マッチョを目ざすのであれば、それもありかもしれませんが、健康を目ざすのであれば1日6回の食事は体に悪いです。


運動は成長ホルモンの分泌を促すだけでなく脳細胞の活性にもいい影響があります。
ネズミと人間とは違うかもしれませんが、運動をさせたネズミのほうが迷路通り抜けテストでの学習能力が高いという結果が出ています。

また成長ホルモンは出ませんが一定のリズム感をもった運動、ウォーキングとか自転車漕ぎなどの運動は精神を安定させる脳内物質セロトニンを分泌するので気分が爽快になります。

普通の人ができるのは、空腹時にウォーキングか自転車漕ぎぐらいにしておいたほうがいいです。




【ウォーキングの3倍のカロリー消費量】サイクルツイスタースリム
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成長ホルモンを分泌させるには 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる