名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 睡眠時無呼吸症候群の人は特に寝酒禁止

<<   作成日時 : 2013/11/17 18:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

西洋ではナイトキャップといって寝つきをよくするために寝酒をする人がいるようですが、睡眠時無呼吸症候群のある人は避けたほうがいいです。

寝酒は最初は寝つきがよくなりまうが、そのうち量を飲まないと効果がなくなってきます。
アルコールの量が増えてくるとノンレム睡眠(深い眠り)が減ってきます。
眠りが浅いので尿意を催してトイレに行ったり、悪夢を見て覚醒状態に戻ったりします。

アルコール自体が体に及ぼす悪影響もあります。

アルコールは脳を萎縮させます。
またアルコールが肝臓や膵臓を傷めるのでアルコール性肝炎やアルコール性膵炎を起す危険もあります。

アルコールは筋肉を弛緩させる作用とかリラックスさせる作用があるのですが、脳に対しては呼吸を抑制する作用があります。

睡眠中に呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群の人では無呼吸を促進する結果になってしまいます。
「寝」という言葉に誘われて寝る前にお酒を飲むのは百害あって一利なしです。













サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
睡眠時無呼吸症候群の人は特に寝酒禁止 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる