名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 睡眠ハーブ・セントジョーンズワート

<<   作成日時 : 2013/03/25 18:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

先日、睡眠ハーブとしてセントジョーンズワートを紹介しましたが、セントジョーンズワートは沈静作用によって睡眠導入をするというより不安感をなくして睡眠導入をします。

セントジョーンズワートは天然の抗うつ剤ともいわれ、うつ病の治療薬に匹敵する効果があります。

アメリカでは、イミブラミンという抗うつ剤とセントジョーンズワートの効果を比較する実験が行われ、うつ病の治療には同程度の効果があるとされました。
またドイツでは他の抗うつ剤よりも優先的に処方される治療薬です。

老人になると理由のない不安感に襲われる人がいます。
不眠になったり、人と話すことや外出するのが億劫になったりして日常生活に支障が出たりします。
老人性うつ病と呼ばれています。

これは脳内ホルモン・セロトニンの分泌異常によると考えられています。
セントジョーンズワートはセロトニンの分泌を増やし安定させるように働きます。
また、その他の成分も複合的に働き、うつ病の症状を軽減してくれます。

ハーブなので抗うつ剤と違って副作用もほとんどないのも特徴です。

睡眠導入の目的ならハーブ茶として、うつ状態でないかと心配で飲むならサプリメントがあります。

メール便不可 セントジョーンズワート 100g単位 ハーブ量り売り
アロマージュ
商品詳細 欧米では気分を向上させたり、安定させるために用いられることもあるハーブです。タンニン、黒紫


楽天市場 by メール便不可 セントジョーンズワート 100g単位 ハーブ量り売り の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


セントジョーンズワートは日本ではオトギリソウと呼ばれています。
オトギリソウの名の由来は「弟切り」です。
鷹匠の兄弟がいて、山に生えるある草が傷によく効くということを秘密にしていましたが、弟が他人に漏らしたので兄が切ったという伝説からオトギリソウと名付けられました。
プレーステーションのゲームソフトであったので知っている人もいるかも。
西洋では十字軍の時代から「悪魔が避けて通る草」とされていたそうですから、やはり何かしら効能を秘める草として認識されていたようです。
西洋での名前の由来は、フランスやドイツの農村では聖ションの日にこの草を軒先に飾り魔除けにしたことからです。


なお、血液凝固防止薬ワーファリンを飲んでいる人はワーファリンの薬効に影響を与えるので併用してはいけません。



【本草製薬】【サプリメント】【医療機関限定販売】自然由来のサプリメント セントジョーンズワート
きらきらショップ
こちらの商品は、お届けまでに約5日?1週間前後かかる場合がございます。何卒ご理解の上、ご購入下さい。


楽天市場 by 【本草製薬】【サプリメント】【医療機関限定販売】自然由来のサプリメント セントジョーンズワート の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
睡眠ハーブ・セントジョーンズワート 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる