花粉症に効く紫蘇の葉エキス

画像
花粉症の人なら紫蘇(シソ)が花粉症にいいらしいぐらいのことは聞いたことがあると思います。そして紫蘇ジュースなど飲んだことがあると思います。
でも効果がないので諦めて他の手段を探した経験があると思います。

こういう生薬系のものは人によって効いたり効かなかったりするので何ともいえませんが、効かなかった理由に紫蘇成分が薄かったということも考えられます。
今一度、紫蘇の葉エキスを試してみてはでうでしょうか。

紫蘇の葉エキスは青ちりめん紫蘇の抽出液で、20mlあたり1000枚の紫蘇成分が含まれています。
ドラッグストアーで買えます。

使い方は簡単です。
水50~100ml(コップ4分の1から半分程度)に対し紫蘇の葉エキスを3滴たらして飲むだけです。この紫蘇の葉エキス入り水を1日2~3回飲むだけです。

紫蘇の葉には沈静作用があり睡眠を促進するので一日の最後の一杯は睡眠前に飲むと睡眠導入剤の効果も兼ねることが出来ます。

鼻の粘膜に塗る場合はかぶれないか事前に調べます。
塗る前に患部をよく洗い、水で2,3倍に薄めて患部の一部に水溶液を塗ります。
半日か1日たってもかぶれなければ今度は患部全体に塗ってもかまいません。
一日に2~3回塗りなおします。

この紫蘇の葉エキスを使わずに自宅の庭で出来た紫蘇の葉を使おうとするとなかなか面倒です。生の場合、2~3舞の葉を細かく刻み急須に入れて、熱湯を注いで1~2分後に飲みます。
煎じる場合は、生の葉なら30~50枚の葉に600ml程度の水を入れ、水が半分の量になるまで煮詰めます。20~30分はかかります。
なかなか面倒なのです。


花粉症対策として漢方薬もあります。
花粉症に効くとして広く用いられているのが「小青竜湯」「葛根湯加せんきゅうしんい」です。
漢方薬もよく効きますが、効くだけに副作用が出る場合もあります。

小青竜湯を飲んでいて不整脈が出始めたという人があります。
その人はもともと不整脈持ちでしたが、BMIを21近くに下げるダイエットをしたら不整脈が止まっていたのです。小青竜湯の副作用として不整脈が出たようです。小青竜湯を飲むのを止めたら不整脈も出なくなったそうです。

漢方薬は副作用が少ないといっても一応「薬」ですから副作用はあります。
紫蘇の葉エキスのように生薬単品であれば副作用は少ないと思われますが、念には念を入れて体の反応を見ながら飲み進めてください。







シソの葉エキス アミン 20ml >>シソ,紫蘇,花粉症対策
キャンディコムウェア
※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。こちらの商品は、ご注文を頂いてからのお取り


楽天市場 by シソの葉エキス アミン 20ml >>シソ,紫蘇,花粉症対策 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック