名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ウイットフィールド・マウンテンのトレッキングin ケアンズ

<<   作成日時 : 2017/06/03 21:40   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ウイットフィールド・マウンテンはボタニック・ガーデンの裏側にあるトレッキングコースです。往復4時間ぐらいかかりますから足に自信がある人でないと登れないかもしれません。

足には自信ないけれど、ちょっとだけ山気分が味わい人にはショートコースもあります。
ショートコースではジョギングコースとして走っている人にもよく出合います。
往復1時間ぐらいかなー。
画像

登り口はボタニック・ガーデンのビジターセンター裏側の駐車場にあります。
コース全体の案内看板の柱にはコースMAPが差してあるので一枚ピックアップして出発です。
画像

登り口付近にはツカツクリやヤブツカツクリ(通称・ブッシュターキー)が多く生息していて、
彼らが人間など気にせず足の爪で地面を引っ掻いているのを見ると、さすが自然を大切にするオーストラリアだなーと感心させられます。

日本の低登山の雰囲気のくねくね道を40分ぐらい登ると展望台に出ます。
眼下にはケアンズ空港の滑走路が見え、その右側には海まで続くマングローブ林、そしてマングローブ林の中を流れる細い川が一筋見える広々した眺望です。
画像

画像

展望台で景色を楽しんだあとはひたすら登ります。
板根をもつ巨木の多い山道をひたすら上へ上へ。

画像

画像

画像

昔、水飲み場だったような沢を過ぎると、やや急な登りとなります。
画像

まもなく、下りに通る尾根道にぶつかり右に登っていきます。
山火事でもあったのか焦げた木のある個所を過ぎると、ウイーピング・ラブグラスのようなふしぎな草の群落の地帯を通ります。
画像

頂上にはあっけなく到着。しかも電波塔のような鉄塔が建ち頂上へ着いたという雰囲気が半減。
でもとにかく屋根のある休憩所があるので水を飲んだりして休憩です。
周囲には蝶が飛びまわっていて何となく賑やか。
前の翅が透明と言う珍しい蝶も飛んでいましたが停まらないので写真には撮れず、です。
画像



帰りの道は変化に乏しい尾根道で時々ツカツクリが道から茂みの中に逃げ込んだりするだけです。
帰りも登りと同じ道を下った方が楽しいかもしれません。







オーストラリアケアンズ生き物図鑑 [ 松井淳 ]
楽天ブックス
松井淳 文一総合出版発行年月:2008年08月 ページ数:111p サイズ:単行本 ISBN:978


楽天市場 by オーストラリアケアンズ生き物図鑑 [ 松井淳 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル





サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ウイットフィールド・マウンテンのトレッキングin ケアンズ 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる