名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 歩行距離と寿命の関係

<<   作成日時 : 2017/05/13 21:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

歩くことは健康によいということは誰でも知っていますが、今一度確信を得るためにアメリカで行われた調査をお伝えします。

調査対象は平均69歳の男性、707人です。1997年調査。

まず1日にどれだけの距離を歩くかを調べ、その12年後にその人たちがどうなったかを追跡調査しています。

1日0.9マイル(1.5キロ)以下の人の死亡率 43%
1日1〜2マイル(1.5〜3キロ)の人の死亡率 28%
1日2.1〜8マイル(3〜12キロ)の人の死亡率 21%

1日に3キロ歩くといってもピント来ないでしょうから歩数で言えば、歩幅を60cmとすれば5000歩です。
普通のサラリーマンで事務所から一歩も外に出ない人でも6000歩ぐらいは歩いているはずから、定年退職していても少し散歩に出れば歩ける歩数です。

1日1.5キロ以下、つまり2500歩以下ということは一日中家の中に居るということです。太陽の光も浴びないということですから健康に悪いことは当たり前です。


疾患別死亡率で見ると
冠動脈疾患による死亡率(心臓病による死亡)
1日0.9マイル(1.5キロ)(=2500歩)以下の人  6.6%
1日1〜2マイル(3キロ)(=2500〜5000歩)の人  5.6%
1日2.1マイルから8マイル(12キロ)(=5000〜2万歩)の人 2.1%
つまり、心臓病で亡くなる人では5000歩までの人では、それ以下の人とではあまり差はないが、5000歩以上歩く人との差は大きいということです。

がんによる死亡率
1日0.9マイル(1.5キロ)(=2500歩)以下の人  13.4%
1日1〜2マイル(3キロ)(=2500〜5000歩)の人  9.4%
1日2.1〜8マイル(12キロ)(=5000〜2万歩)の人  5.3%
がんによる死亡率でも同じような結果が出ています。

歩行は血管を拡張して血行を促進するので心臓によいということは勿論ですが、がんの発症も抑制するということは免疫力をアップさせる効果があるということです。

免疫力がアップするということは全ての疾患に対して抵抗力がつくわけですから健康長寿でいられるということになります。





オムロン活動量計 Calori Scan306 カロリスキャン om01 HJA-306-W ホワイト
ココ ドラッグ
商品名 オムロン活動量計 Calori Scan306 カロリスキャンHJA-306-W ホワイト


楽天市場 by オムロン活動量計 Calori Scan306 カロリスキャン om01 HJA-306-W ホワイト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
歩行距離と寿命の関係 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる