名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 音楽を聴きながらのジョギングは危険

<<   作成日時 : 2017/04/09 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

音楽を聴きながらジョギングをしている人にとっては不満な警告かもしれません。
でも事実です。

ではお伺いします。
なぜ音楽を聴きながらジョギングをするのですか?
答えはだいたいこうです。
音楽を聴きながらジョギングすれば楽しく続けられるから
です。

でもこの「楽しい」からが問題なのです。
ジョギングすれば通常以上の動作をするのですから体には負担が掛かります。心拍数も呼吸も上がります。汗も出ます。苦しいです。
でも苦しいからと言ってやめてしまっては運動になりません、我慢して走り続けることに意義がある…と思ってませんか。
でもそれも程度問題で、人それぞれの限界というものがあります。
その限界状態を知らせてくれるのが交感神経です。

ところが楽しい音楽を聴いていると、この交感神経が遮断されてしまいます。
楽しい音楽にごまかされて脳は身体の限界情報を受信できなくなっているのです。
苦しい、身体の限界だという情報が脳に伝わらないので身体の限界を超えて運動をしてしまうのです。
心筋梗塞などの心臓性の発作を起こしてしまうのです。

楽しく運動が出来るからと音楽を聴きながら運動をするのは「ソレダメー」なんです。
運動をするときは常に身体の声に耳を傾けながら体と相談しながら行うのがいいのです。

ながら運動の問題点は身体の悲鳴を聞こえなくすることですから好きな映画のビデオを見ながらのエアロバイクも同じことです。
辛いと思ったらやめましょう。少しずつ体を慣らし少しずつ時間を延ばし、少しずつ負荷を上げるようにしましょう。

ちなみに英会話の勉強をしながらというのもやめたほうがいいです。
努力は報われません。
運動をしながらの記憶は極めて効率がわるい、記憶できないということは実験で確認されています。
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
音楽を聴きながらのジョギングは危険 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる