名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 突然死を予告するフランク線

<<   作成日時 : 2017/02/26 18:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

フランク線とは耳たぶに横一文字にできる皺です。
この線があると突然死の可能性が極めて高いのです。

突然死の原因は血管性の疾患がほとんどです。
脳梗塞、脳出血、心筋梗塞などです。

画像




人は血管とともに老いるという格言もあるごとく年齢を重ねるごとに血管は老化していきます。動脈硬化ということです。動脈が硬くなり柔軟性を失います。細くなります。
そしてそこへどろどろ血液が流れるようなことになれば血液の流れは悪くなり血栓も出来やすくなります。
血の通り道が狭くなっているところに血の塊が出来れば詰まりやすくなるのが道理です。

脳の血管で詰まれば脳梗塞です。処置が早ければ命は取り留めますが重い後遺症が残ります。脳出血も同様です。

心臓へ血液を送っている冠動脈で詰まれば心筋梗塞です。詰まらなくても血管が狭くなって血の流れが悪くなれば狭心症です。

血管は柔軟で内側が広くなくてはいけません。そして流れる血液はさらさらでよく流れなければいけません。そのいづれか、あるいは両方とも状態が悪いと耳たぶにフランク線がでるのです。

これは「ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスン」という医学誌に発表された大規模統計の調査結果によるものです。

フランク線がある人が心筋梗塞になる割合は48%ということです。
逆に
フランク線がない人の88%は心筋梗塞になっていないそうです。

ということはフランク線がなければ「ほとんど」心筋梗塞にならない
フランク線があると、「近い将来」心筋梗塞などの血管性の重大な疾患を発症する可能性が高いということです。

身近な人でフランク線がある人を見つけたら
「突然死をするかもしれないよ」
と脅して血管の養生をするように促してあげましょう。
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
突然死を予告するフランク線 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる