名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ゲームは認知症に効くか?

<<   作成日時 : 2016/10/02 07:43   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

この命題に付いては肯定的な意見と否定的な意見があります。

否定的な意見としての調査では、ゲームをしているときの脳波を測定すると脳は興奮していないので脳が駄目になったとする調査があります。
この調査結果は子供がゲームばかりしていてちょっとも勉強しないと悩むお母様方には大変受けがいいでしょう。

しかし、認知症を患うような高齢者にとってはどうでしょう。
新しいことを始めれば脳は活発に働きます。脳にはいいはずです。

アルツハイマー病患者46人を対象にした調査があります。
アルツハイマー病による認知機能の改善効果を検証しています。

46人を3グループに分けて46週間にわたって検証しています。
コリンエステラーゼ阻害薬 + テレビゲーム
コリンエステラーゼ阻害薬 + 精神刺激療法
コリンエステラーゼ阻害薬のみ

結果は、コリンエステラーゼ阻害薬のみより、他の2つの治療法を組み合わせたほうがより認知機能の改善が確認できています。

とくに、精神刺激療法を組み合わせた場合より、テレビゲームを組み合わせたほうがより改善効果が高かったのです。

ゲームにも色々種類があり、囲碁、将棋、クロスワードなどあります。
これらの調査に使われたゲームはどのようなゲームかはわかりませんが、ゲームの種類によってはかなり効果があるのではないかとぼく個人としては感じています。

ぼくの好きなゲームは、「バイオハザード」というテレビゲームです。
テレビゲームの世界ではRPGと呼ばれているゲームで、ロール・プレイング・ゲームの略です。
ロールは「役割」という意味で、自分がゲームの中で主人公になってゲームを演じる(プレイング)ゲームです。

ストーリーがあって、ウイルスに感染してゾンビに変身した敵を倒しながらある目的を達成していきます。
とにかく休んでいる暇がないのです。
のんびり考え込んでつっ立っていてはゾンビが次々と襲ってくるので、倒すなり逃げるなり即座に判断し決められたボタンを押さなくてはいけません。
また複数の敵が襲ってくるので、どちらの敵を先に倒すかも瞬時に判断しなくてはいけません。
ストーリーを進めるためには即座の判断と、判断に応じた指の動きが要求されるのです。
かなり興奮します。

ゲームはやり始めたときは脳が新しいことに対応するため脳が興奮するという学者もいますが、このゲームは6ヶ月やっていてもまだ興奮します。

WEB上で詰め将棋などやっていると眠くなるときがありますが、このゲームをやれば途端に眠気が吹っ飛びます。

RPG系のテレビゲームは認知症の予防になると、ばくは確信しています。

画像





PlayStation4 ジェット・ブラック 500GB
楽天ブックス
ソニー・インタラクティブエンタテインメント PS4 ※配送状況や受け取り方法、離島など一部地域では発


楽天市場 by PlayStation4 ジェット・ブラック 500GB の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ゲームは認知症に効くか? 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる