名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 自律神経の働きを整える爪もみ

<<   作成日時 : 2016/06/19 19:18   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

爪の両生え際を強く押さえる爪もみ療法は新潟大学医学部・安保徹教授と共同研究者・福田稔医師によって提唱されている自律神経を簡単に整える方法です。

爪の生え際の角を反対の親指と人差し指で摘まんで少し痛いと感じるぐらい強く10秒ぐらい押さえる方法です。
1日に2〜3回、1ヶ月ぐらい続けると自律神経が整い、自律神経の不調からくる各種症状を和らぎます。

押す指は薬指を除く4本で、両手の指を押します。
薬指は自律神経のうち交感神経を優位にしすぎるので自律神経のバランスをとるという意味では押すのを除外します。

身体の各種不調を改善する目的であれば各指10秒ぐらい押します。
ただし、指ごとに対応する症状がありますので、その症状を特に緩和したい場合は20秒ぐらい押します。

各指の対応症状
● 親指
アトピー、せき、喘息、リュウマチ、ドライマウス、円形脱毛症

● 人差し指
潰瘍性大腸炎、クローン病、胃十二指腸潰瘍、胃弱

● 中指
耳鳴り、難聴

● 薬指
押さない

● 小指
脳梗塞、認知症、パーキンソン病、物忘れ、不眠、メニエール病、高血圧、糖尿病、肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、動悸、頭痛、腎臓病、頻尿、痛風、精力減退、尿漏れ、肝炎、肥満、しびれ、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、顔面神経痛、自律神経失調症、パニック障害、うつ病、目の病気

小指は対応症状が多いので、誰でも20回押したほうがいいという結果になると思います。







[送料無料 翌日発送] 奇跡が起こる爪もみ療法 (ビタミン文庫) 【中古】 著者 安保 徹
送料込みで翌日発送の名作屋
ご覧いただきありがとうございます ◆商品は帯ありません。中古品ですので若干の使用感はありますが、書込


楽天市場 by [送料無料 翌日発送] 奇跡が起こる爪もみ療法 (ビタミン文庫) 【中古】 著者 安保 徹 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
これは初めて知った情報でした。
主に長年抱えているストレス
自律神経の乱れなのですが…
加齢によるヘルニアもあるなどし
緒症状に苦悩していますので
早速試させていただこうと思います。
小枝
2016/06/19 19:39

コメントする help

ニックネーム
本 文
自律神経の働きを整える爪もみ 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる