名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 入れ歯の一種・スマイルデンチャー

<<   作成日時 : 2016/05/01 18:52   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

近い将来、奥歯に入れ歯を入れようか考え入れ歯の種類を調べてみました。

まず一番安い、昔から使われている普通の入れ歯。
費用は保険適用で5000円から15000円ぐらいとかなりリーズナブルに入れられます。

次に考えられるのが「差し歯」という入れ歯です。
差し歯にしている友人に聞いたところ、隣の歯を神経の近くまで削るとのことでした。歯を削るとは聞いていたのですが、それほどまで削るとはとんでもない話です。削った歯は2度と元にもどりません。装着感は問題ないそうですが、ぼくとしては却下です。

次のポピュラーなインプラントですが、これはぼくが入れ歯をしようと考えているきっかけになった入れ歯ですから、初めから検討除外です。

ことの起こりはインプラントが緩んで締め直しに歯科医院に行ったところ、「インプラントが欠けている。これはインプラントのメーカー責任なので新しいインプラントをメーカーから無償提供させる」という話から始まったのですが、治療が進むにつれて費用請求が発生してきてトラブルとなり治療を途中で止めてしまったのです。

というわけでインプラントはもうこりごりです。

そこで入れ歯に関する本を読んでみると、「スマイルデンチャー」という入れ歯があることが分かりました。

普通の入れ歯と違い、バネで固定するのではなくポリアミドというナイロン系の樹脂で作った歯茎に大きく被せる床に義歯が植わっているものです。
本を書いている歯科医によると欧米では50年以上の歴史があり、金具が光って目立つということがないので見た目がいいということと、装着感もいいということです。
勿論保険適用外ですから費用は15万から20万ぐらいだそうです。

インプラントの30万から35万に比べれば安いですが、実際着けてみて失敗したら「やっぱり駄目だったか」では済ませられない金額です。

ぼくとしては、保険適用の普通の入れ歯を作ってみて駄目だったらの検討範囲だと思います。
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
入れ歯の一種・スマイルデンチャー 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる