名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 放射線障害を軽減するビール

<<   作成日時 : 2016/03/26 18:13   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

広島・長崎での原爆やチェルノブイリ原発事故による放射線被害で、大酒のみほど障害が軽くすんでいる、という噂がありました。
誰だって酒飲みの言い訳だと思いますよね。でも、最近の研究で、どうも「そうらしい」ということが分かりました。

特にビールがいいようです。

あらかじめビールを飲ませたマウスの放射線を当てると、ビールを飲ませていないマウスに比べ障害が軽かったのです。

どうしてビールなのかというと、ビールに含まれているアルコール成分エタノールと、麦芽由来のベタインであることが、2005年独立行政法人・放射線医学総合研究所から発表されました。

ヒトの血液から取り出した細胞を使った実験です。
ビール1缶350ミリリットルを飲んだ後に抜き取った血液の細胞では、放射線による遺伝子損傷が明らかに少なかったのです。

放射線障害抑制効果は、34%〜37%でした。
抑制効果を発揮したのは缶ビール350ミリリットルに30mg含まれているベタインと、2mg含まれているシュードウリジンという物質のようです。

原子力発電所で働いている人の晩酌は、日本酒や焼酎でなく「ビール」がよさそうです。


画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
放射線障害を軽減するビール 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる