名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 夜間頻尿には膀胱拡張が一番

<<   作成日時 : 2015/12/06 18:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

夜間頻尿になると睡眠が十分にとれなくなるので健康に悪いです。
健康に悪いのは分かっていても強い尿意で目が覚めてしまうのですからどうしようもありません。

根本の問題は強い尿意です。
これさえ解決すれば、ほかの事は副次的なことですが、なぜ夜寝るとオシッコがしたくなるかということも考えなくてはいけません。

理屈は簡単です。起きている間は立っている、あるいは座っているので足は下のほうにあります。
それが寝ると、身体は水平になり足に溜まっていた血液が上半身に流れやすくなるので血液の循環がスムーズになります。腎臓での尿の濾過作業も順調になるというわけです。

そこで副次的なことではありますが夜寝るまでの間に足に溜まった血液を上半身に循環させてやれば、よる急に尿がたくさんできるということがないわけです。

方法はいろいろあるでしょう。
最近流行りのふくらはぎマッサージをする、レッグウオーマーでふくらはぎを温めて血管を拡張させておく、夕食後は横になってテレビ鑑賞をするなどです。要するに足の血液を上半身に循環させておけばいいのです。

でも、これらの事は副次的なことです。
根本はやはり膀胱が小さくなっているということです。そのため少しの尿量でも膀胱が強く尿意を感じてしまうということです。

夜間頻尿の方は思い当たりませんか? 最近尿意を我慢したことがないのではないでしょうか?

大食いを続けていれば胃袋だって伸びて大きくなります。
反対に少食を続けていれば胃は小さくなります。少しの食事量でも満腹になってしまいます。

胃袋の場合は少食のほうが健康にいいでしょうが、膀胱の場合は違います。
ある程度の貯尿量がなければ、夜おちおち寝ておられません。

膀胱を広げる方法は簡単です。
尿意を感じてもすぐにトイレに行かないことです。我慢するのです。
できるだけ我慢して膀胱に尿を溜めて膀胱を広げていきます。

本当は我慢の時間を少しずつ長くして徐々に膀胱を拡張させるのがいいのでしょうが、ぼくの経験としては、ものすごーく我慢して一挙に夜間頻尿がなくなりました。

「3時間はトイレに行かないぞ」と決めて我慢をしていたある日、前回の排尿から2時間ぐらい経ったとき車で出かけました。
約束の時間があったので決められた時間に目的地に着かなければいけないのですが、渋滞で目的地に着くのはぎりぎり一杯でした。
オシッコがしたくなりましたが、コンビニなどへ寄ってトイレへ行っている余裕はありません。我慢に我慢して目的地に着いて慌ててトイレに駆け込みました。
本当に「オシッコ、ちびりそう」でした。

オシッコ我慢時間4時間でした。
その晩から夜途中で目が覚めることもなく、ぐっすり熟睡できました。

尿意を我慢すれば膀胱は簡単に拡張してくれます。






【第3類医薬品】日本薬局方 カゴソウ(夏枯草)刻 500g【楽天24】【あす楽対応】
楽天24
お買い上げいただける個数は3個までです。※パッケージデザイン等は予告なく変更されることがあります。販


楽天市場 by 【第3類医薬品】日本薬局方 カゴソウ(夏枯草)刻 500g【楽天24】【あす楽対応】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
夜間頻尿には膀胱拡張が一番 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる