名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 大腸がんと大腸ポリープ

<<   作成日時 : 2015/09/06 09:32   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

大腸がんの早期発見法としては、便を採取して血便があるかどうかを調べる便潜血検査がお手軽な方法ですが発見率はあまりよくありません。

潜血が検出されるのは進行した大腸がんでも4分の3程度です。
後の4分の1では、進行した大腸がんでも潜血が認められないということです。
早期のがんでは潜血の検出は半分以下といわれています。

確実な検査としては大腸内視鏡検査が一番です。


大腸がんにはポリープから発展してなる場合があります。
ポリープ自体は50〜60歳代で30%もの人に見つかります。

ポリープが見つかった場合、切除するかどうかですが、切除した人では5年間の間に大腸がんになった人は0.7%だったのに対し
切除しなかった人では5年間に大腸がんが発生した人は、5.2%です。
切除しておいたほうが安心というわけです。

また大腸がんは再発しやすいがんです。

松生クリニック院長の松生恒夫医師は100人程度の臨床経験ではありますがエクストラ・バージン・オリーブオイルを摂取して便通をよくすることで再発が防げるとしています。










サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
大腸がんと大腸ポリープ 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる