名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 猫背を直そう

<<   作成日時 : 2015/08/15 19:22   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

猫背のなにがいけないと言って一番いけないのは「見た目が悪い」ということです。
むかし松下幸之助が「出世しそうな奴は後ろ姿で分かる」とい言ったそうですが、背筋がピンと伸びて自信に満ちて歩く社員のことを言ったのでしょう。


日本人を含めアジア系の人は肩の付き位置が白人系の人よりやや前よりにあるので猫背になりやすいのです。北京原人の歩く姿を想像してください。前かがみになって棍棒を持って歩く姿が描かれています。

アメリカ映画で中国人老人が出てくると後で手を組んで歩いています。
アメリカ人の老人が出てきてもそんな演技はしません。

アジア人は白人より肩の付き位置が前よりにあるので前かがみになりやすいので、歳をとると肩が丸まって前に出てきます。肩が痛いし胸が圧迫されるので後ろ手に手を組むと肩が後ろに引かれて胸が開くのでアジア系の老人は後ろ手に手を組みたくなるのです。
画像






猫背の悪い点は「見た目が悪い」だけでなく、胸が圧迫されるので呼吸がしにくく身体への酸素の取入れ量が少なくなることです。


また横隔膜より下の内臓も当然圧迫されますから内蔵の働きが阻害されます。


首が前に出るのでバランスをとるため膝を少し曲げて歩くことになり膝痛の原因になります。


また曲げた膝のバランスをとるために腰の骨にも悪い癖が付き上半身から下半身への血流を妨げられます。

以上のごとく、猫背は「見た目が悪い」のはもちろんのこと、健康にも悪い影響を与えます。



では猫背を直すにはどうすかということですが、基本は一日に何回姿勢を正そうと思い出すかということです。
長年付いた猫背の姿勢はそう簡単に直りません。まして日本人はほかっておいたら自然に猫背になってしまうのです。

(あっ、いかんいかん猫背になっている。姿勢を正そう)と思い出したごとに姿勢をただして正しい姿勢の癖と正しい姿勢が出来る筋肉を少しずつ付けて行くことです。

正しい姿勢のとり方としては
頭の天辺から糸で身体が吊り下げられているイメージでいる、あるいは歩くことです。
そして両肩を後ろに引いて開きます。

すると頭の天辺から胸、腹、腰、膝、踵と直線になります。

ここで念のため申し添えますが、頭から踵まで直線で繋ぐということは身体の中心ではありません。左右の中心ではありますが、前後で言えば後ろよりになります。背骨が中心線になるのですから当然そうなるわけです。


重心が身体のやや後方になるので歩くとき、胡坐をかくときには少し要領がいります。
胡坐をかくときは、正しい姿勢のまま座ると重心が後ろにあるので後ろにひっくり返ってしまいます。お尻に座布団などをいれてお尻の位置をやや高くします。
画像






歩くときは頭の天辺から踵まで糸で吊り下げられているイメージで背を伸ばして歩きますが、重心が後ろのほうにあるので速く歩けません。
ウオーキングスタイルで歩いているのであれば肘を曲げて腕の振り振幅を短くすれば速く歩けます。
画像






しかしどこかに向かって普通に歩くときに肘を曲げて歩いていては「変な人」に見られてしまうので腕は普通に振ります。
だだし後ろへの蹴りを意識して送り出します。速く歩けます。
ウオーキングのときもこの後ろへの蹴り出しは重要です。


でも結構疲れるのいつの間にかべたべた歩きに近い歩きになります。
仕方ないです。まだふくらはぎの筋肉が出来ていないのですから。
気がついたら後ろへの蹴り出しをするようにして徐々にふくらはぎの筋肉をつけていきます。


ふくらはぎの筋肉は重要です。
人間の筋肉の70%は下半身にあるのです。そのうち大きい部分を占めるのがふくらはぎと太ももです。

ふくらはぎの筋肉を太くすると中を走る毛細血管も多くなります。
すると上半身から下半身へ向かう血流がスムーズに流れるようになります。
下半身に毛細血管が少ないと心臓から送り出された血流は腰の辺りで行き場を失い上半身を戻っていきます。これが高血圧の原因です。
ですから下半身の筋肉を鍛えれば血圧が下がります。


エコノミークラス症候群になりそうなときはふくらはぎを揉んで下さい。
血流が回復して血栓が肺に飛んで重篤な状態になるのを未然に防ぐことが出来ます。


太もものほうの筋肉はウオーキングでは鍛えられません。
日に何度かスクワットをします。


腕を胸の前でクロスして、お尻を後ろに突き出すようしながらお尻を膝の位置ぐらいまでしゃがみます。1セット10〜20回、一日に1〜2回やりましょう。
ゆっくりあせらずが大事です。


一番重要なのは日に何度も「正しい姿勢」を思い出すことです。






【スツール 低反発 クッション】 あぐら 座椅子 床ずれ  直径40cm×12cm 選べる8色  フローリング リビングで床座り ロータイプ【腰掛け フローリング 座布団 高め】
ラグ・カーテン・こたつはアーリエ
サイズ 直径40cm×12cm※表面2cmが低反発です。残りの分は、少し反発があるクッションです。そ


楽天市場 by 【スツール 低反発 クッション】 あぐら 座椅子 床ずれ  直径40cm×12cm 選べる8色  フローリング リビングで床座り ロータイプ【腰掛け フローリング 座布団 高め】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
猫背を直そう 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる