名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 中国古典に載っている食べてはいけない物

<<   作成日時 : 2015/03/21 19:08   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

今からおよそ2000年前、後漢の時代に書かれたとする漢方のバイブル的書籍に「金匱(きんき)要略」という書物があります。書いたのは金匱要略と同じように漢方のバイブルとされている書籍「傷寒論」を著した張仲景という人です。

もちろん2000年前の書籍が完全な形で残っているわけではなく、後の書籍に「金匱要略よればこう書いてある」などの記述を集めたりして伝承されていましたが、北宋の時代に今で言えば国会図書館のようなところで雑病編の部分が発見され今日に至っています。
このように長い歴史を経て今に伝わる記述は後に誰かが付け加えた記述もあると思われます。

この金匱要略の大部分は「こんな症状の病人には、こんな漢方薬が効く、そしてその作り方はこうだ」という記述なのですが、最後のほうには食品衛生に関する記述、例えば「地面に投げて泥の付かない魚・肉は古くなっているので食べてはいけない」とか、「蜜と一緒にチシャ(レタスの一種)を食べてはいけない、痔になる」などという食べ合わせの記述があるのがおもしろいので一部を紹介します。

なお、今では「?」という記述もありますが面白いものは拾ってみました。

● 乾燥肉でなくて、火に炙っても動かず、水に漬けると自ら動くものは食べてはいけない
(水に漬けて動くのは古くて内部にガスが溜まっている証拠という意味か)

● 動物で自死したものを食べてはいけない。疫病によって死んだものなので毒がある。

●生肉を食べて中毒になった人を治す方法
 地面を3尺掘り、その下の土を3升採取して5升の水で煮る。その上澄みを1升飲むといい(無人島に漂流したときに役に立ちそうです)

● 馬肉は熱して食べてはいけない。心臓を悪くする。
(馬肉は陽物だから、熱を加えるとますます陽の気がつよくなるので心臓の悪い人は食べてはいけない、という意味らしい)

● 羊肉と一緒に、生魚やヨーグルトを食べてはいけない。人を害す。
(ジンギスカン鍋を食べるときにデザートとしてヨーグルト類はやめたほうがよさそうです)

● 妊娠している女性は、兎、山羊、スッポン、鶏、鴨の肉を食べてはいけない。子供の声がでなくなる。
(ちょっと?の記述です)

● 妊娠している女性が雀の肉を食べると、子供が淫乱になる。
(今では雀の肉を食べること自体が難しいので安心ですが、おもしろい記述なので)

● 果物の種を生で食べると吹き出物が出来る。
(葡萄の種には細胞の寿命を延長させる因子物質レスベラルトールが入っているからジュースにして飲んでもいいという人がいますが、吹き出物が出るということは毒性の物質も入っているということです。やめたほうがいいです。)

● 三月にノビルを食うことなかれ。人の志気(やる気)をなくす。
(春の野草大好きな人にはややショック)

● 魚で腸や肝のないものを食べてはいけない。食べると三年間男は陰萎(ED)に、女は流産する。
(腸や肝のない魚って何でしょう? 思い浮かびませんが)





入門金匱要略 [ 森由雄 ]
楽天ブックス
森由雄 南山堂発行年月:2010年02月 ページ数:201p サイズ:単行本 ISBN:978452


楽天市場 by 入門金匱要略 [ 森由雄 ] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
中国古典に載っている食べてはいけない物 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる