名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ドライマウスの対処法

<<   作成日時 : 2014/11/15 18:22   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ドライマウスの原因は様々です。

薬の副作用
高血圧や狭心症の薬 アダラートやアムロジン
狭心症や不整脈の薬 ヘルベッサー
気管支喘息の薬 アレジオンやボララミン
不眠症の薬 ハルシオンやレンドルミン、リスミー
などなどの薬に副作用として口の渇きがあります。

高齢化
唾液腺から唾液を分泌させる筋肉の衰えによります。

睡眠不足
睡眠不足は自律神経の活動パターンを狂わせます。

ストレス
唾液はリラックスした副交感神経が優位のときに多く分泌します。緊張する場面、例えば大勢の人の前で話をするなどの場面では交感神経が最高潮に優位になるので唾液が出ず、口の中はカラカラになります。ストレスは交感神経優位の状態が続いている状態ですからドライマウスになります。

花粉症
花粉症による鼻づまりで口から呼吸するとドライマウスになりやすいです。

そのほかに特殊な場合としては「うつ病」「シェーグレン症候群」「放射線治療を受けた」場合などがあります。
うつ病の薬でSSRIという系統の薬には口が渇く副作用があります。
シェーグレン症候群は自己免疫疾患の一つで、唾液腺なんどの腺組織をリンパ球が攻撃してしまう病気です。
放射線治療を受けると唾液腺が破壊されることがあります。

ドライマウスの原因は様々ですが唾液腺のマッサージで改善する場合があります。
このマッサージはほうれい線をとる効果もあるので若返り効果も期待できます。
若返り効果を期待して継続しましょう。

ドライマウス対策マッサージ
● 水などを口に含みくちゅくちゅして口の中を十分に潤す。

● 保湿ジェルを指先に少しつける。
保湿ジェルはドラッグストアーで売っています。


● 舌の表面と裏側をゆっくりマッサージします。
下の表面は左右にゆっくりと、スキーのスラロームのように滑らかに左右にマッサージします。2〜3往復。

● 舌の奥、付け根の部分を左右にゆっくりマッサージ。
2〜3往復です。嘔吐感を強く感じる人はあまり奥までやらなくて結構です。

● 上顎の部分も左右にゆっくりと。
やはり2〜3往復。

● 舌裏の付け根部分もゆっくりマッサージします。
ここはスラロームできないので左右にゆっくりとマッサージです。

次はほっぺたの裏側です。
● 頬を外側から手で押さえ、内側へ指を入れてマッサージです。
縦に5〜6回繰り返します。
左右の頬を行います。

最後は唇の裏側です。
● 唇の裏側に指を突っ込んで左右にマッサージします。
上下各30秒ぐらいかけてゆっくり行います。

以上でお終いです。
合計所要時間5分ぐらいです。

もちろん口の中を傷つけないように爪のお手入れはお忘れなく。






マウスモイスト 20g 口腔(口の中)用保湿ジェル オオサキメディカル【RCP】
MeReCare-y(メリケア)楽天市場店
■保湿と塗りやすさにこだわった、口腔用(口の中)保湿ジェルです。■刺激の少ないノンアルコールです。ま


楽天市場 by マウスモイスト 20g 口腔(口の中)用保湿ジェル オオサキメディカル【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドライマウスの対処法 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる