名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS うつ病にも運動が効く

<<   作成日時 : 2014/09/21 07:59   >>

ナイス ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

わたくし自身は若い頃から「少し変わっている」と言われては来ましたが、うつ病になることもなく無事定年退職を迎えることができました。

うつ病は心の病ですから外見からは判断がつかないだけに難しくて怖い病気です。
わたくしが36年間勤めた会社は従業員200人程度の会社でしたが、36年間に3人も自殺者がありました。おそらくうつ病が原因と思われます。

平成24年の自殺者を調べてみると27,858人です。
同じ平成24年の交通事故による死者は4,411人ですから、交通事故で死ぬ人より自殺する人のほうが8倍近くも多くいるということです。

そう言えば、36年間の会社勤めをしている間に自殺して死んだ人は3名ですが、交通事故で死んだ人はいませんでした。
うつ病の人が全て自殺するわけではないですが、病状が進むと可能性は高くなります。

自殺した人のうち2人は比較的近い職場にいたのですが、2人に共通していたことはお酒に誘っても断るということでした。
みなさんの職場にもそんな人が居たら気を付けてください。
あまり仕事の失敗などをぐどくど責めないで下さい。
それより運動をしていい汗を流すことを勧めてください。

運動にはうつ病を改善する効果があります。

うつ病はセロトニンという脳内物質が不足している場合もあるので、セロトニン不足を防止する抗うつ薬があります。通常SSRIと呼ばれる薬です。

デューク大学のジャームス・ブルメンサルの実験では
うつ病の156人を3つのグループに分けて、抗うつ剤療法と運動療法の改善効果を比較検討しました。


(薬のみグループ)抗うつ薬ゾロフト(日本での商品名ジェイゾロフト、一般名セルトラリン)服用

(運動のみグループ)週3回、1回30分の有酸素運動(ローラーで回るベルトの上を歩いたり走ったりするトレッドミル、あるいはエアロバイク)をする

(抗うつ薬ゾロフトと運動を併用グループ)


うつ病の改善率は
(抗うつ薬のみグループ)65%
(運動のみグループ)60%
(抗うつ薬と運動併用グループ)68%
と運動のみグループでも抗うつ薬と同程度の改善が見られています。

運動のみによるうつ病改善には効果が出るまで多少時間がかかっていますが再発率が極めて低い、そして副作用がまったくないという点で優れたうつ病改善方法です。


なお、うつ病なのに抗うつ薬を飲むまでに至らないケースが一番怖いのです。
家族や周囲の人、あるいは本人すら気がついていないケースです。
こういったケースのほうが自殺に至る場合が多いのではないでしょうか。
なにかおかしい、普通じゃないと思ったら健康にもいいことですから運動することを勧めてください。

ストレスを受けることが少なくなった高齢者といえども安心は出来ません。
高齢者うつという病気もあります。
配偶者や親しい友人がなくなるととたんに虚しくなります。
「もう自分はこの世に生きている価値がない」という虚しさからうつ病になり自殺に至るケースもあります。

高齢者にとっても運動は有効です。PPK(ピンピンコロリ)を目指しましょう。







大特価【プレミアムDHA】(約1ヶ月分)頭の回転と目をサポート!〔サプリメント〕レビューを書いてメール便送料無料に♪
T&Aサプリメントshop
代金引換・宅急便指定の方はこちらから!!レビューするとメール便送料無料☆(クレジット・銀行振込の方の


楽天市場 by 大特価【プレミアムDHA】(約1ヶ月分)頭の回転と目をサポート!〔サプリメント〕レビューを書いてメール便送料無料に♪ の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
運動 週に三回 しております。
ゆるい運動ですが・・・。
ヨガとピラティスです。
ハイジママ
2014/09/22 17:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
うつ病にも運動が効く 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる