名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 空腹時に分泌される成長ホルモン

<<   作成日時 : 2014/09/15 17:50   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

成長ホルモンは名前のとおり人間の成長期に大量に分泌され、身長をのばすなど大人の体を造るのに寄与するホルモンです。しかし大人になってからも分泌され細胞のダメージを修復するのに役立っています。

成長ホルモンは昼間も少量は分泌されていますが、夜間就寝中に多く分泌されます。
パソコンの修復と同じで活動してないときのほうが修復するのに都合がいいからでしょう。

この成長ホルモンについて最近新しい発見がありました。
1999年、日本の研究者、国立循環器センターの児島博士および寒川博士により
胃からグレリンというホルモンが分泌されると成長ホルモンの分泌が促される
ということが分かったのです。
そしてグレリンは人間が「空腹を感じる」と分泌されることも分かりました。

つまり就寝中以外に成長ホルモンを多く分泌させようと思ったら
空腹の時間を長くすればよい
ということです。

成長ホルモンは細胞の修復ホルモン、つまり若返りホルモンですから分泌量が多ければ多いほど若くて健康でいられるのです。
















サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
空腹時に分泌される成長ホルモン 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる