名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 脳内ホルモン セロトニンとメラトニン

<<   作成日時 : 2014/09/13 18:12   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

セロトニンとメラトニンは、まるで太陽と月のような関係で昼多く分泌されるのがセロトニンで、夜多く分泌されるのがメラトニンです。

太陽の役割を担うセロトニンはヒトの心を元気にし精神を安定させ幸福感を醸し出しています。通称「幸福ホルモン」と呼ばれています。

セロトニンが不足すると
・ イライラしやすい
・ 不安を感じる、心が不安定
・ 寝付きが悪い、熟睡感がない
・ 朝すっきり目が覚めず、活動する気になれない
・ 集中力が続かない、意欲が湧かない、充実感がない
・ ストレスに弱い
・ よい姿勢が保てない、顔が老けて見える
・ 体重の変動が激しい
などの症状がでます。

ではセロトニンを増やすにはどうすればいいかということですが
セロトニンを増やすには3つの方法があります。
・ 太陽光を浴びる(30分で十分)
・ リズミカルな運動を行う
・ トリプトファンというタンパク質と、ビタミンB6を摂る

リズミカルな運動は食べ物を噛むことでもOKです。
スポーツクラブで女性に人気のエアロビクスもいいです。
あるいは日の光を浴びながらのウオーキングもいいです。

トリプトファンはセロトニンの原料になるタンパク質です。
トリプトファンがセロトニンになるときにビタミンB6が必要になるのでビタミンB6も摂取します。

トリプトファンは、バナナ、豆乳、牛乳、ヨーグルト、チーズ、アーモンドなどに特に多く含まれています。
ビタミンB6は、ニンニク、マグロ、牛肉レバー、カツオ、鶏ひき肉、サケ、鰯などに多く含まれています。

昼間多く分泌されたセロトニンを原料に夜を担当する脳内ホルモン・メラトニンが合成されます。
メラトニンは睡眠をコントロールするばかりでなく他にも有用な働きをしていることが最近分かってきました。

・ 免疫力を高める
がんを攻撃するNK細胞を増やす。
ウイルスを攻撃する免疫細胞の働きを強める。
がんや感染を予防する。

・ 酸化を防ぐ
活性酸素を消去し、酸化から細胞を守る。

・ 糖や脂質の代謝を促す
脂質代謝を促す酵素の働きを強め
血中コレステロールを下げる。
メラトニンの分泌が不規則になると、糖代謝が乱れ糖尿病や肥満のリスクが高くなる。

・ 脳を守る
詳しくは解明されていませんが、脳で発生する活性酸素を消去する働きがあると推測されています。

・ 精神を守る
あるうつ病の少年の血中メラトニン濃度は健康な少年の60%しかなかった、という実証結果があります。

良質な睡眠を促し、なおかつ免疫機能を高め脳内の活性酸素を消去するホルモン・メラトニンを分泌させるにはどうすればいいかといえば夜は11時までに寝るということです。

体の細胞を補修するホルモン・成長ホルモンは夜の12時頃から分泌量を増やしますが、メラトニンはそれより1時間ほど早い11頃から分泌量を増やし始めます。
そのため遅くとも夜11時になったら寝床に入らなくてはいけません。

メラトニンは体を横にして目を瞑ると、途端に分泌量が増えて入眠を促進します。

そしてもちろん昼間は活発に活動してメラトニンの原料になるセロトニンを大いに分泌させておかなくてはいけません。
そしてセロトニン合成に必要なたんぱく質・トリプトファンとビタミンB6も忘れず摂取しなければいけません。









L-トリプトファン 500mg 30粒【消費期限目安:2017年11月まで】
米国サプリ直販のNatural Harmony
iframe 対応のブラウザで見てください。  睡眠のメカニズムに関わる必須アミノ酸! 神経伝達物質


楽天市場 by L-トリプトファン 500mg 30粒【消費期限目安:2017年11月まで】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳内ホルモン セロトニンとメラトニン 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる