名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ドーパミンに関するおもしろい実験

<<   作成日時 : 2014/08/31 18:44   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ドーパミンは脳内情報伝達ホルモンです。
「幸福ホルモン」という別名があります。

ドーパミンが分泌されると「とても幸せな」気分になります。
楽しいことをしているとき、例えば旅行の計画をしているときなどには分泌されます。
セックスしているときにも分泌されます。

とても幸せな気分になるので「もう一度したい」という意欲をおこさせます。
人に褒められたり、何事か達成したときにも分泌され、とても気分がいいので「もう一度経験したい」という意志に繋がります。
ですから人生の向上心の柱ともなっているわけです。

フロリダ州立大学のB.アラゴナ博士はこのドーパミンに関しておもしろい実験をしています。

画像




アメリカの草原に住むハタネズミは一度結婚すると同じ相手とずーと婚姻関係を続けていく動物です。
博士は、婚姻しているオスの脳液からドーパミンを抽出して、まったく別の若いオスネズミに注射したところ、注射されたオスネズミは同世代のメスには目もくれずドーパミンを抽出されたオスの婚姻相手にひたすら求愛をし続けたのです。

これはドーパミンが「前の幸せな気分」の相手を覚えていたということです。
不思議でおもしろい実験です。

ということでドーパミンがたくさん出ていれば人間いつでも幸せな気分でいられるということです。
どうすればドーパミンを分泌できるかと言えば、いささか宗教臭くなりますが、いつでも感謝の気持ちをもつことです。
いつも「ありがたい」「幸せだ」と思っていればドーパミンは自然に分泌されるのです。

逆にいつもイライラしていたり怒っていたりすると脳内でノル・アドレナリンという興奮ホルモンが分泌されます。このホルモンはある意味毒性をもっています。
ですからいつもイライラしたり怒っていると病気になって早死します。

健康で幸せな人生を送りたかったら何事も肯定的に捉えて「ありがたい」「幸せだ」と思って生活することが大切だということです。

あとは、腸内細菌がドーパミンを脳内に作るのに一役買っているという研究もありますからヨーグルト、納豆、キムチなど発酵食品を食べるといいです。









ヤクルトヘルスフーズ 元気な畑 青汁のめぐり 30袋粉末タイプ【Yakult】
TAKEYAオンラインショップ
カラダの中から元気とキレイ不足しがちな野菜の栄養素を補うだけでなく、おなかに届く2つの成分の組合せに


楽天市場 by ヤクルトヘルスフーズ 元気な畑 青汁のめぐり 30袋粉末タイプ【Yakult】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ドーパミンに関するおもしろい実験 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる