名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ガンと宣告される前に読んでおきたい本

<<   作成日時 : 2014/07/05 19:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

二人に一人はガンになり、三人に一人はガンで死ぬ時代です。
自分だけはガンにならないと思うのは、ガンになりたくないという願望だけが根拠になったお気楽な発想です。

飛行機が落ちても自分だけは助かると考える超楽観的な人よりまだお気楽すぎます。
飛行機が落ちる確率はほとんどゼロに等しいのに、ガンになる確率は二人に一人なのです。
今から「もし、ガンになったら」という心の準備が必要なのです。

そこでお勧めの書籍が
「死の宣告」からの生還 岡本裕著
です。

この本で最初に説いているのが、ガンを宣告されても
「まず、慌てない」
ということです。

健康診断で見つかった場合や、症状がない場合は1〜2ヶ月で癌細胞が大きくなることはありません。
癌細胞は発生してから早くて数年、普通は十数年かけて検査機器で発見される大きさになるのであって、1〜2ヶ月で慌てて切除したり放射線を当てたりする必要なないのです。

じっくり自分のガンについて情報を集め、どのような治療が適切か判断すればいいのです。
医師のペースに巻き込まれないということです。

そうしてもう一つ説いていることは
ガンは治る
ということです。

ただし、「○○で治った」という話は信用してはいけない、一つの治療法、一つのサプリメントで治るほどガンは甘い存在ではないということです。

では、何がガンを治してくれるかというと
メンタル(ガンは治るという気持ちが治療効果に大きく寄与する)
栄養(タンパク質、ビタミン、ミネラル、ファイトケミカルなどを十分に摂る)
血行・体温をよくする
この3つに集約されます。

多くのガン・サバイバーからの情報をまとめた結果ですから大きな望みがあります。

栄養を摂ることとか、血行・体温を良好に保つということは、ガンにならないための方法とも考えられます。

栄養の偏り、生活の乱れ、過剰なストレス、低体温などが小さな癌細胞を長年掛けて成長させてきたのですから、これらの体の免疫力を低下させる行いを是正すれば癌細胞は自然治癒力によって消滅するわけです。

そういった意味からも、ガンと宣告される前から読んでおいたほうがいい本です。





「死の宣告」からの生還 実録・がんサバイバー-【電子書籍】
楽天Kobo電子書籍ストア
悪徳医師やエセ療法から大切な人を守る極意。「余命わずか」から蘇ったがん患者の"奇跡の証言&


楽天市場 by 「死の宣告」からの生還 実録・がんサバイバー-【電子書籍】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンと宣告される前に読んでおきたい本 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる