名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ガンの民間伝承療法

<<   作成日時 : 2014/05/09 19:46   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ガンは現代特有の病気ではありません。江戸時代、いやそれ以前からあった病気です。ただ平均寿命が短かった時代ではガンが発症する以前に寿命を終えていた人のほうが多かったので現在のように死因一位ではなかっただけです。

でもガンになってしまたらという治療法がありました。
ガンは熱に弱いので、それを感知した昔の人は患部を温めることで治療していました。
もちろん、このようなことだけでガンが消滅したとは思えませんが、ガンの進行を遅くしたりしとことはできたでしょう。
あるいはガによる痛みを軽減できたものと思われます。

現代での利用法は、抗がん剤や放射線治療の傍ら補助的に施せば、お医者さんが驚くほど抗がん剤や放射線治療の効果があがるかもしれません。
やってみる価値はあるでしょう。


画像





● 枇杷の葉温灸治療
枇杷の葉には抗がん成分が含まれています。
その効果と、癌細胞は熱に弱いので、その両方を利用した方法です。

1. 枇杷の葉を数枚水に20分ほど漬けておく
2. 水に漬けておいた枇杷の葉を取り出して水分を拭き取る
3. 棒もぐさを数本用意して、頭に火をつけておく
何度も使うので2、3度使うと火が消えてしまうため数本用意します
4. 患部に枇杷の葉の表側を当てる
5. その上に布を当てる
6. さらにその上に紙を当てる
7. その紙の上から火のついた棒もぐさをゆっくり押し当てる
押し込むように押し当て、「熱い」と思ったらすぐ離す

  これを患部を中心にして繰り返して行います。
  胃がんならみぞおちのあたり、腎臓ガンなら背中の背骨の両側あたりとなります。


● 生姜湿布
1. 生姜150gを擦り下ろして布袋に入れ、口を縛る
2. それを2リットルの水に入れて火にかける
3. 沸騰寸前に火を弱め、保温のため細火にしておく
4. この生姜煮出し汁にタオルを漬け、軽く絞る
5. 絞った熱めのタオルを患部に当て、保温のためビニールを被せ、またその上にタオル等乗せる

5分ほどしてタオルが冷めてきたら、また再度行います。
生姜は痛みを取る効果もあるので、ガンの痛みを取る効果が顕著にでる人もいます。

お身内でガンの治療を受けている方がいたら施してあげてください。






【あす楽対応】【直便】三栄商会 ビワの葉温灸用細棒もぐさ12本入(温灸紙12枚付)+東城百合子先生の「あなたと健康」冊子付
健康サポート専門店
当店でばらしてお売りしています。お箱はございませんのでご了承ください。■商品名:細棒もぐさ12本入■


楽天市場 by 【あす楽対応】【直便】三栄商会 ビワの葉温灸用細棒もぐさ12本入(温灸紙12枚付)+東城百合子先生の「あなたと健康」冊子付 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ガンの民間伝承療法 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる