名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 野菜果物ジュースが健康にいい

<<   作成日時 : 2014/05/03 19:49   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ダイエットではお馴染みの野菜果物ジュースですが、野菜果物ジュースの効能はダイエットだけではありません。
体の不調を治したり病気を予防する効果があります。

野菜や果物を食べるより消化にエネルギーを要しないので高齢者の健康維持にも効果があります。

野菜や果物をジュースにして飲むというのは消化吸収の問題だけではなく、生の野菜に含まれる酵素を有効に摂りたいからです。

野菜や果物に含まれる酵素は人間の健康にいいのですが、酵素は熱に弱いのです。たいていの酵素は38℃を越すと酵素の機能を失います。
生で食べるサラダでもいいですが量が食べられません。消化にエネルギーを要するのでジュースが一番なのです。

ジュースに入れる野菜果物は好みや期待する効果によりいろいろですが、今回は
高血圧の予防・改善を期待したジュースの材料を紹介します。

ミキサーで作る場合です。ジューサーで作る場合は水をいれなくてもいいです。

ミキサーは口が大きいので切り方はテキトーでいいです。
ただ、トマトなどヘタが上抜きになっているものは、そこに農薬が溜まりやすいので切り取ってください。

種のあるものは種を捨ててください。
種の中には発芽抑制物質があり、この物質は人間がもっている酵素にも抑制的に働くと考えられているので摂取しないほうがいいです。


(材料)
コップ1杯分

春菊  2本(グリーンアスパラ、アシタバでも可)
トマト 3/4個
りんご 1/3個
レモン 1/6個
水   1/4カップ

ミキサーで擦ったら布巾で搾ってジュースだけ飲みます。


(材料の含まれる効果期待物質)
トマト
黄色の色素・カロテンと赤い色素・リコピンは活性酸素を除去する働きがあるので、動脈硬化やがんの予防効果、老化の防止に効果があります。

ビタミンC、ビタミンB6、カリウム、ルチンも含まれています。

ビタミンB6は神経伝達物質のドーパミンやアドレナリンを合成する働きがあります。

ルチンは毛細血管を強くする働きがあります。


りんご
皮にも果肉にも食物繊維のペクチンあ豊富です。

カリウムが細胞の水分量を調節して、体内の余分なナトリウムを排泄してくれます。
高血圧や骨粗そう症の予防効果があります。


レモ
レモンばかりでなくオレンジやグレーウフルーツなど柑橘類の香り成分で、皮にとくに多く含まれます。
抗酸化作用、抗アレルギー作用、抗がん作用があります。











サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
野菜果物ジュースが健康にいい 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる