名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 健康診断で表示されるHbA1cとは

<<   作成日時 : 2014/05/19 21:00   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

画像





HbA1c、ヘモグロビンエーワンシーと読みます。
糖尿病かどうかを調べる数値です。

糖質(糖分や炭水化物)を含む食べ物を食べると消化吸収された糖質がブドウ糖となって血液中に出てきます。
ブドウ糖は各臓器、筋肉のエネルギー源ですから、それぞれの場所へ血液に乗って運ばれ吸収されなければいけません。そのため血液中にブドウ糖がふえると膵臓からインシュリンというホルモンが分泌され脳、各臓器、筋肉に取り込ませるように働きます。

ところがインシュリンの分泌量が少なかったり、インシュリンの作用が弱くなったりすると各臓器、筋肉に取り込まれるブドウ糖の量が減ったり貯蔵される量が減ったりするので、血液中のブドウ糖が多いままの状態が続きます。

血液中にブドウ糖が多い状態が続くと赤血球のヘモグロビンにブドウ糖がくっついてしまいます。
これがヘモグロビンエーワンシー(HbA1c)です。

赤血球は3ヶ月で入れ替わるとされています。

すべてのヘモグロビンに対するHbA1cの割合を調べれば、過去3ヶ月間の血糖値の平均が分かるということです。

判断基準は「6.4%以下」です。HbA1cが6.4%以下なら「正常」です。

パーセンテージが上がれば上がるほど症状の重い糖尿病ということになります。

糖尿病だと失明したり、足先が壊死して切断したりという話は聞かれたことがあるでしょう。

でも、もうひとつ恐ろしい病気があります。
癌です。特に膵臓癌の発症リスクが高まります。
HbA1cが8.5%上の人の発ガン率は、そうでない人の「6.2倍」になります。

原因は血液中のインシュリン濃度に関係があるのではないかとされていますが、はっきりとは解明されていません。






500円クーポン発行中!NHK健康番組100選 【ここが聞きたい!名医にQ】必ず続く!糖尿病対策※この商品は楽天倉庫よりヤマト便で配送いたします。
NHKスクエア DVD・CD館
※ラッピングのご注意点 ・商品個々の包装は承っておりません。NHKの人気健康番組 「きょうの健康」


楽天市場 by 500円クーポン発行中!NHK健康番組100選 【ここが聞きたい!名医にQ】必ず続く!糖尿病対策※この商品は楽天倉庫よりヤマト便で配送いたします。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
健康診断で表示されるHbA1cとは 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる