名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 要介護状態になる確率

<<   作成日時 : 2014/03/02 18:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

団塊世代以上の人は自分がいつかは要介護状態になるかもしれないとぼんやりとは心配していると思います。
しかし自分が歳を取るなどとは思っていなかったのと同じように、ただなんとなく
(なったらなったとき、何とかなるだろう)
と、いやな物には蓋をする的な考えで過ごしています。

そこで本日は「要介護になる危険度テスト」を実施します。
「危険あり」と出たら真剣に残る人生をいかに生きるかを考えてみましょう。

テスト1
平らな床に立って、右足・左足それおれ何秒できるか測ってみてください。
各年代の平均値
64歳以下   50秒以上
65〜69歳  40秒台
70〜74歳  30秒台
75〜79歳  20秒台
80〜84歳  10秒台
85歳以上    5秒台

いかがでしたか? 何秒できましたか?
どの年代においても15秒以下では問題があります。
運動機能に障害があります。

また5秒以下では転倒の危険性大です。要介護一歩手前です。

なお、120秒以上できる人は問題ありませんし、それ以上測る必要もありません。



テスト2
●2007年に日本整形学界が提唱した基準です。
・ 2Kgの買い物袋を持ち帰るのが困難(2kg入りの米袋を持てますか?)
・ 家の中で、少し重い物を持ったり、動かしたりする家事ができない
・ 家の中で頻繁に躓いたり、滑ったりする
・ 15分間続けて歩けない
・ 青信号の間に横断歩道を渡り切れない
・ 階段を上がるのに手すりが必要
・ 片足で靴下が履けない
以上に一つでも当てはまれば、介護生活に一歩近づいています。

テスト3
最後は精神面でのチェックです。

・ 一日や一週間の計画が自発的に立てられない
・ 歩行・手足の動作が遅く、もたもたしている、反応が遅い
・ 同じことを繰り返し話したり、尋ねたりする
・ 買い物で不要なものや同じものをいくつも買ってくる
・ 喜怒哀楽が乏しい。あるいは無表情・無感動の傾向がある
・ ぼんやりしていることが多い
・ 生きがいを感じない
・ 根気が続かず、なんでも面倒くさい
・ 発想が乏しく、考え方や行動が画一的
・ 仕事がてきぱきと片付けられない
・ 相手の意見を聞こうとしない
画像






以上の項目のうち当てはまる項目が
4項目以上 赤信号
3項目で  黄信号
2項目なら、まだ要介護には程遠いです。


以上の3つのテストで自分の要介護への接近度を予想してみてください。
たいていのひとは「まだまだ」大丈夫なはずです。

画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
要介護状態になる確率 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる