名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 唾液の働き

<<   作成日時 : 2014/03/14 18:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像





食べ物を口に入れて噛んでいると、われながら感心する。
口の中の食べ物を舌先で右へ持っていったり左へもっていたっり、また奥歯で細かくなった食べ物を口の中央辺りで舌先でこね回し唾液と混ぜている。
まったく無意識のうちに口をもぐもぐ動かしているのだが、間違って舌を噛むこともなく器用に舌先を使って食べ物を移動させて噛んでこね回している。
これは長年の熟練の技なのか、本能なのか実に上手く食べている。

食べ物を食べるには唾液が重要な働きをしています。
唾液など当たり前に出るものと思っていますが、唾液が出なくなる病気があるそうです。

そんな病気になると、食べ物を食べてもバサバサして飲み込めないのでお茶などで流し込むことになります。
また口の中がカラカラに乾いているので上手く喋れなくなります。
唾液は歯を虫歯や歯周病から守っているので、虫歯や歯周病になりやすくなります。
唾液の中に含まれる消化酵素、抗酸化物質、免疫強化物質の恩恵を受けられなくなるので健康を損なう機会も多くなるのです。

唾液は口の中に溢れているので、空気と同じであって当然と思っていると意外に重要な働きをしているのです。

唾液は一日に1リットルから1.5リットルほど分泌されています。
ペットボトル2本から3本分の唾液が出ているわけです。

唾液の99.4%は水分で、PH値は7.0で、中性です。
この中性というところが、歯を守るうえで重要になってきます。

唾液は常に口の中の唾液腺から出て歯の表面を洗い流しています。歯に付着しようとする虫歯菌や歯周病菌、その他、口に入ってきた何百種類もの菌を洗い流し、胃に流し込んでしまいます。
胃の中は強烈な酸性ですから、たいていの菌は死んでしまいます。

唾液の中に含まれる成分で、歯にいい成分としては重炭酸ナトリウムがあります。

重炭酸ナトリウムは虫歯菌が作り出す酸を中和して、口の中を中性にもどす働きをしています。

唾液に含まれる歯にいいほかの成分としては、カルシウム、リン酸、フッ素イオンがあります。
これらは歯のエナメル質が溶けるのを防ぎ、歯の再石灰化を促進します。
つまり唾液は歯の修理屋さんでもあるのです。

画像






唾液に含まれる成分として有名なのは、炭水化物の消化を促進する酵素アミラーゼがありますが、まだまだ他に有用な成分がたくさん含まれています。
たとえば、最近注目を集めている物質がラクトフェリンです。

もともとは赤ちゃんが飲む初乳に多く含まれるタンパク質で、免疫機能を強化する働きがあります。最近注目を集めるようになったのは、このラクトフェリンの抗酸化力と免疫強化力がアンチエイジングに効くということで話題になっているようです。
サプリメントも発売されていますが、梅干を眺めて唾を飲み込んでおけば同じことだと思うのですが。
画像












【歯科用】ライオン DAY?UPオーラルガム<ラクトフェリン>ボトル (75g)
歯材のお店
お口の健康を大切にする二つの有用成分を配合した、歯科用ガムオーラルケアと全身健康との関連に着目した歯


楽天市場 by 【歯科用】ライオン DAY?UPオーラルガム<ラクトフェリン>ボトル (75g) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
唾液の働き 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる