名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 和温療法で血行促進

<<   作成日時 : 2014/02/01 19:59   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

和温療法とは金沢循環器病院で行われている温熱療法です。

まず、60℃という低温サウナに15分入ってもらい、体の深部体温を1〜1.2℃上げた後、毛布に包まって30分間安静にする治療法です。
治療対象は、心不全や閉塞性動脈硬化症の患者です。

この和温療法は継続して行うと末梢血管の血流が促進されるのです。

深部体温を上昇させて保温することによって血流内の一酸化窒素(NO)が増えることにより血管が拡張して血行がよくなることと、体が温まることによってリラックスして副交感神経が優位になることでさらに血管が拡張する環境が整うわけです。

和温療法は心不全や閉塞性動脈硬化症の他に、不整脈の改善、高血圧、糖尿病にも有効です。


画像





この和温療法を家庭でやってみましょう。

1. 41℃のお湯で10分間半身浴します。上半身が冷えるので肩に乾いたタオルを載せておくといいです。

2. 入浴後は温かい部屋で毛布に包まり30分間安静にします。(ここがポイントになります)


3. 週3回以上のペースで継続すると効果が出てきます。効果が出る目安は約2週間です。

4. 注意、毛布での保温の後は水の補給を忘れずにする。





サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
和温療法で血行促進 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる