名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 定年退職者は本を音読しよう

<<   作成日時 : 2014/01/05 19:02   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

定年退職した人はしゃべる相手がいなくなります。今までしゃべっていた相手は職場の人だけなので、職場に行かなくなったらしゃべる相手がいなくなるのは当然のことなのですが、退職してみて初めておしゃべりの重要さに気が付く人のほうが多いはずです。

おしゃべりをしないと発声機能が衰えます。コミュニケーションをしないと脳の活性も衰えます。使わない機能は衰えるという原則によるわけです。

家族との会話以外おしゃべりしない期間が長く続くと、たまにおしゃべりする機会があっても10分もおしゃべりすると喉がひりひりしてきて発声機能が衰えてきていることを実感するはずです。

脳の衰えは読書をして脳を活用しているから大丈夫と思っているかもしれませんが、読書での脳の活動範囲は限られてきます。
本を黙読する場合、文字を見るための視覚野がある後頭葉、見た文字を理解する前頭前野の一部だけです。
これでは脳を活用しているとはいえません。

そこで、発声機能と脳の機能強化のためには音読がいいのです。
画像





音読をする場合に働く脳は、まず黙読の場合と同じく後頭部の後頭葉が働きます。
そして見た文字を理解する前頭前野の一部(左側)が働きます。
次に、見た文字を発声しろという指令がでて頭頂部にある運動野が働いて、口から声が出ます。
口から出てきた声を耳が聞き取ります。側頭葉が働きます。
耳から入ってきた声を文字として理解する、そして正しく発音されているかチェックします。

声に出して読むということは脳の全体を使うので、脳の活性化が図れるわけです。

また声をだすということは肺呼吸を活発にするので、呼吸機能の活性にもなります。

声帯を痛めないていどに毎日少しずつ続けましょう。
音読をする時間帯は寝る前1時間以内ならいつでもいいです。音読は脳を活性化させ、交感神経を刺激しますから、あまり寝る直前ですと入眠に差し支えるからです。











サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
定年退職者は本を音読しよう 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる