名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 女性はなぜおしゃべりか

<<   作成日時 : 2014/01/03 08:39   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

女性がおしゃべりで、長生きということは世界的に同じ傾向です。
これは脳の構造によるものと思われます。

ホルモンの分泌をコントロールしているのは視床下部です。
女性の場合は体の調子を整える方向でホルモンを分泌するようコントロールしているのに対し、男性の場合は男性ホルモンを分泌する方向に向けてコントロールしています。
ですから、いくら男性がいろいろ健康のために養生しても女性の長寿に追いつけないのです。

もう一つの女性の特徴としておしゃべりが得意ということです。これは女性ホルモンのせいではなく脳の構造が関係しています。
画像






脳には右脳と左脳があります。
右脳は主に音楽とか美術とか芸術に関する作業を担当し、左脳は言語とか計算とか理性的な作業を担当しています。しかし別々に作業しているわけでなく右脳と左脳を結ぶ脳梁という神経の束のようなものでお互いに連絡しあって作業しているのです。

この神経の束が女性のほうが太いのです。
つまり女性のほうが右脳と左脳の連絡状態がいいということです。

おしゃべりをするとき作業するのは言語を担当している左脳の前頭葉です。
そして相手の言ったことを理解するのは左脳の側頭葉です。

男性がおしゃべりする場合、左脳の前頭葉だけを使っておしゃべりをするのに対し、女性は左脳の側頭葉も使っておしゃべりします。
相手の話をよく理解しつつおしゃべりしているということです。女性が聞き上手でコミュニケーションがうまいのは側頭葉を使っているからです。

しかも女性は左脳だけでなく右脳の前頭葉も動員しておしゃべりします。右脳と左脳を結ぶ神経の束が太いので両方の脳をフルに活用することができるのです。

脳卒中などの後遺症で言語障害が出ることがありますが、女性は言語障害になりにくいといわれています。常日頃から左脳だけでなく右脳も使っておしゃべりをしているので、左脳の言語を担当しているエリアが傷ついても右脳が補完するからです。






【1000円以上送料無料】超右脳おしゃべり英語リスニング/登内和夫【RCP】
オンライン書店 BOOKFAN
著者登内和夫(著)出版社総合法令出版発行年月2004年12月ISBN9784893468741ページ


楽天市場 by 【1000円以上送料無料】超右脳おしゃべり英語リスニング/登内和夫【RCP】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
女性はなぜおしゃべりか 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる