名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS エコノミークラス症候群を防ぐ

<<   作成日時 : 2014/01/17 22:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

血液は流れていることによって凝固しないでいられます。血管の内皮細胞は血液が流れることによって凝固しない物質を分泌していますが、血液が流れなくなると凝固抑制物質は分泌されず、かえって内皮細胞が死んでしまいます。

静脈で血液が滞留すると血液の塊ができてしまいます。
とくに太ももの中心部を通る大きな静脈で血液が固まりやすいのです。

固まった血液は血流に乗って心臓へ行くことがあります。心臓までの静脈は太いので詰まることはありませんが、心臓から酸素交換のために肺に送られる静脈はどんどん枝分かれして細くなっていきますから詰まることがあります。
肺栓塞症といいます。
急激な呼吸困難に陥り、命に関わることもあります。

動脈まで行って詰まると心筋梗塞や脳梗塞となります。

新潟中越地震で、車の中で避難生活をした人たちの中で狭い座席で眠っていたため肺塞栓症で死亡する人もいました。

飛行機や車で座ったまま長時間いると太ももの静脈が圧迫されて血流が悪くなるのに加えて、睡眠すると血圧が下がるので血液が滞留しやすくなります。
とくに飛行機のエコノミークラスは動くに動けない状態ですから血液の滞留が起こりやすくなります。
ですからエコノミークラス症候群ですが、ファーストクラスに乗っていてもじっとしていて動かなければ肺塞栓症になります。

エコノミークラス症候群を防ぐには、足先を上げたり下げたり、ぐるぐる回したりを5分ほどするとふくらはぎの血流がよくなるので足の全体の静脈血流がよくなります。
ふくらはぎの静脈は第二の心臓といわれるぐらい血液を送る能力があります。

もうひとつ念のために追加運動で、膝頭の裏側(ツボでは委中といいます)を両手の指先でマッサージしてやるといいです。

画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
エコノミークラス症候群を防ぐ 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる