名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS ジャスミンの香りは何の香り

<<   作成日時 : 2013/12/27 18:33   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

ジャスミンの香りには疲労感やストレスを和らげる鎮静作用や抗うつ作用があると言われています。

京都大学と御茶ノ水女子大学の研究グループがこんな実験をしています。

薄いジャスミン茶と、濃度を薄めたラベンダーとペパーミントのアロマエッセンシャルオイル溶液を作りました。
被験者は21〜36歳の7人、クレペリンテスト(簡単な足し算を連続してやるテスト)をします。

最初の10分間クレペリンテスト
その後5分間、それぞれの香りを嗅ぐ
また10分間クレペリンテスト

するとジャスミンの香りを嗅いだ後だけ、正解率が10%アップしました。
ジャスミンの香りにはすばらしい効果があるのです。

ジャスミンの香りの主成分は「スカトール」という物質です。
実は…
実は、スカトールは糞便の臭いの主成分でもあるのです。
違いはスカトールの濃度の違いだけです。
糞便の臭いも、薄く薄くしていけばジャスミンのいい香りになるのです。

画像






いやな臭いは、できれば嗅ぎたくないものです。これ、当たり前の話ですが、いやな臭いにも役立つ面があります。

蒸れた靴下の臭いの正体は、「イソ吉草酸」です。
これを被験者に嗅いでもらいます。こんないやな臭いは嗅いだら意気消沈して気分も悪くなるので、体内の抗酸化物質の量も減るだろうという実験をした研究者がいます。
結果は、予想したほど抗酸化物質の減少はありませんでした。

逆に、嗅ぐのやめたとたんに抗酸化物質の量がどんどん増加したのです。
すべての病気や老化に関係しているとされる活性酸素を消去してくれる抗酸化物質です。多いに越したことはありません。

たまには、外から帰ってきたら靴下の臭いを嗅いでみるのもいいかもしれません。

画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ジャスミンの香りは何の香り 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる