名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 成長ホルモンの分泌を促す運動と食事

<<   作成日時 : 2013/12/01 19:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

成長ホルモンは夜睡眠中に分泌されます。とくに午前1〜2時の間に訪れるノンレム睡眠時に大量に分泌されます。


成長ホルモンの分泌量は20歳ぐらいをピークに年齢を重ねるごとに分泌量は減少していきます。50歳代になればピーク時の半分ほどの分泌量になってしまいます。


成長ホルモンは子供の成長を助けるのですが、成長後は若返りホルモンとして働きます。
張りのある皮膚を作り、骨を丈夫にし、エネルギーを高め、免疫システムを強化し、記憶力を維持するなど老化していく体の修復を担うホルモンなのです。

こんな重要なホルモンなのですから、できれば夜の睡眠中だけでなく昼間にも分泌させる方法はないでしょうか。
あるのです。それは運動です。


成長ホルモンは修復ホルモンですから過激な運動をして筋肉が疲れると疲労を回復しようとして分泌されるのです。
ではどのくらいの運動をすれば成長ホルモンが分泌されるのでしょう。ジョギングを2時間ぐらいです。
画像





できませんせんよね。
ところが最近もっと楽な運動で成長ホルモンが分泌されることが分かりました。
加圧トレーニングと言う方法です。


腕と太ももに血圧を測るようなベルトを巻いて空気圧を送り、血流を制限しながら運動する方法です。加圧状態で30分トレーニングすれば、通常トレー印グの2時間に相当する乳酸は発生するのです。
脳がこの乳酸を感知して疲労を回復すべく成長ホルモンを分泌します。


近所に加圧トレーニングをするスポーツジムがなければ太極拳でも効果があります。太極拳はゆっくり筋肉の力を抜くことなく動かし続けるので意外に疲れるんです。


運動をやりたくない人は、食事に気をつけることです。
ホルモンはアミノ酸からできていますから良質のタンパク質を摂ることを心がけます。
肉、魚、豆、卵、乳製品などです。


炭水化物や糖分を摂り過ぎると、その分タンパク質が摂取できず成長ホルモンの産生が抑制されてしまいます。


食べるタイミングも重要です。
完全に空腹になってから食べることです。
胃の中が空になっているとき食物によって胃壁が刺激されると成長ホルモンが分泌されるからです。


なお肉や乳製品ばかりでなく野菜も摂取してください。
一番大量に成長ホルモンが分泌される睡眠をするにはメラトニンが必要です。野菜にはメラトニンの材料となる成分が豊富に含まれているからです。






加圧エキササイズパンツ
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
成長ホルモンの分泌を促す運動と食事 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる