名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 睡眠時無呼吸症候群かどうかの簡単採点

<<   作成日時 : 2013/11/26 18:21   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

睡眠時無呼吸症候群だと昼間眠気を催すことがおおくなります。その眠気の程度で睡眠時無呼吸症候群の可能性を推定する採点です。

以下の項目に該当する場合、得点をつけていきます。
0点:決して眠くならない
1点:まれに(ときに)眠くなる
2点:ときどき眠くなる
3点:眠くなることが多い

● 座っていて読書をしているとき
● テレビを見ているとき
● 劇場や会議室など、公の場で座って何もしていないとき
● 1時間続けて車に乗せてもらっているとき
● 午後に横になって休息をとるとき
● 座って誰かと会話をしているとき
● 昼食後(お酒を飲まずに)静かに座っているとき
● 自分で運転中に、交通渋滞で2〜3分停まっているとき

得点の合計が
9点以下……眠気は軽度。
10点〜14点・……病的な眠気です。
15点以上・……重度の眠気です。睡眠時無呼吸症候群の重症である可能性があります。

10点以上の場合は、病院で精密検査を受けたほうがいいです。
診療科目は精神・神経科です。たいていは近所にないので大病院へ行くということになります。


睡眠時無呼吸症候群はいろいろな病気の原因になっているので侮ってはいけません。

動脈硬化や血栓を起こしやすい病気なのです。
無呼吸になると血液中の酸素濃度が薄くなるので各組織・各臓器に酸素を送るため血圧が高くなり脈拍も速くなります。
血圧が高くなるのは血管が収縮するからです。そのため脳への血流量は減少します。
血圧の上昇と血管の収縮により動脈硬化が促進され、血栓もできやすくなります。
つまり血管が詰まりやすくなるのです
脳卒中のリスクが高まるということです。


また睡眠中は成長ホルモンや新陳代謝を活性化させるホルモンが多く分泌される時間帯です。
睡眠時無呼吸症候群が睡眠を妨げるのでホルモンの分泌が悪くなります。
糖尿病を抑制するホルモン・インシュリンの分泌も悪くなるので糖尿病を発症しやすくなるのです。


EDも睡眠時無呼吸症候群が原因していることがあります。
男性ホルモンもやはり睡眠中に多く分泌されているのです。男性ホルモンの分泌不足に加え糖尿病や動脈硬化によりペニスに十分な血流が行かないことが原因していることがあるのです。






睡眠時無呼吸症候群防止に横寝用枕

スリーピングアロマ
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
睡眠時無呼吸症候群かどうかの簡単採点 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる