名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 睡眠中の脳波と筋電図

<<   作成日時 : 2013/11/19 18:56   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

睡眠障害を調べるための検査で終夜睡眠ポリグラフというのがあります。
検査項目の中に脳波と筋電図という測定項目があります。


脳波は脳が活動しているか休養しているかを見ます。

覚醒状態では振幅が大きく、かつ、間隔の細かい波形が現れます。

ノンレム睡眠(深い睡眠)のステージ4(一番深い状態)では、振幅は大きいが間隔が広い波形になります。これは脳が休養している波形です。

レム睡眠では、覚醒時ほど大きな振幅ではないですが間隔は覚醒時と同じように細かい波形になります。これは脳が覚醒時ほどではないが活動していることを表しています。



筋電図は顎の下の筋肉(オトガイ筋)の動きを測定して、筋肉が活動しているか休養しているか見ます。

覚醒時は脳波と同じく振幅は大きく、間隔が細かい波形となります。

ノンレム睡眠(深い睡眠)のステージ4(一番深い状態)では、振幅は極めて少ないですが間隔は覚醒時同様細かい波形となります。これは筋肉が少し活動しているということです。

眠りの浅いレム睡眠では、ほとんど動きのない横一直線の波形になります。これはレム睡眠では筋肉が休養しているということです。


入眠直後は一直線に深い眠りのノンレム睡眠ステージ4へ落ちていきますが、睡眠の最初はまず脳を休養させるということです。
起床時間近くなると浅い眠りのレム睡眠が多くなりますが、この時間帯は体を休養させているということです。

画像







カラダをしっかり休ませるチカラ 味の素の『グリナ』





レム睡眠で起こしてくれる目覚まし・スリープトラッカー
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
睡眠中の脳波と筋電図 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる