名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 「毒になる生食、薬になる生食」という本

<<   作成日時 : 2013/10/30 20:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

東京医科歯科大学名誉教授・藤田紘一郎さんの書いた「毒になる生食、薬になる生食」
という本はおもしろいです。

内容は食中毒を起こす菌と寄生虫のお話です。

身近なことだけに理解しやすいですし、O−157など一度は耳にしたことがある名前が出てくるので、興味を引っぱってするする読めます


おもしろいのは、この藤田先生はサナダ虫を意識的にお腹の中で飼っていたということです。キヨミちゃんという名前をつけてかわいがっていたのです。

サナダ虫がお腹の中にいると優しい気持ちになるとのこと。ペットのヒーリング効果のようなものでしょうか。
サナダ虫の寿命は2年半ぐらいで、彼女の終末期はなんとなく感じたそうです。
彼女がいなくなってからはさびしいらしいです。



他にもノロウイルスに感染しやすい人と感染しにくい人がいるのですが、それは血液型によって決まるという調査結果が書かれています。
はたしてノロウイルス感染しやすい血液型とは…



後は本で楽しんでください。





毒になる生食、薬になる生食 講談社プラスアルファ新書 / 藤田紘一郎 【新書】
HMV ローソンホットステーション R
商品の詳細ジャンル物理・科学・医学フォーマット新書出版社講談社発売日2012年04月ISBN9784


楽天市場 by 毒になる生食、薬になる生食 講談社プラスアルファ新書 / 藤田紘一郎 【新書】 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル



サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「毒になる生食、薬になる生食」という本 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる