名古屋駅前のおじさん

アクセスカウンタ

 

zoom RSS 手作り健康食品 しょうが黒酢漬け

<<   作成日時 : 2013/05/13 18:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

穀物酢でもいいのですが黒酢のほうが酢の刺激が少なくて飲みやすいので黒酢で漬けます。

黒酢はうまみ成分が多いので飲みやすいのです。
うまみ成分であるアミノ酸のうち抗肥満アミノ酸も多いので肥満防止にもなります。



酢は血液中のコレステロールや中性脂肪を減らし、血液をさらさらにする働きがありますから血圧を下げるのに役立ちます。

また赤血球を柔軟にする働きもあるので抹消血管も柔軟に形を変えて通り抜けられます。
赤血球が硬くなってしまうと毛細血管を通り抜けられなくなり血管が詰りやすくなります。
つまり脳梗塞や心筋梗塞の原因になってしまうわけです。



さらに含まれるクエン酸は疲れをとって腰痛を予防したり、エネルギーの燃焼を促進して新陳代謝を活発化させます。

老化は細胞数の減少でもありますが、各細胞のエネルギー燃焼能力の低下でもあります。
クエン酸はエネルギー燃焼を促進してくれるので老化防止にも役立つということです。


漬け込む生姜(しょうが)には体を温める働きがあります。
画像








体が温まれば臓器の働きが活発になるので高血圧や動脈硬化の予防、基礎代謝のアップ、免疫力のアップに繋がります。

しょうがは丸ごと漬け込むのでは成分の抽出が悪いので摩り下ろして黒酢の中に入れます。
保管は冷蔵庫で2週間ぐらいは大丈夫です。

飲むときは5倍ぐらいに薄めて飲みます。

薄めるのにはお湯を使います。体を温めることがしょうがの黒酢漬けの効果を得る要点ですから夏でもお湯割りです。

画像
サントリーウエルネスオンライン

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
手作り健康食品 しょうが黒酢漬け 名古屋駅前のおじさん/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる